【POG】エピファネイア産駒で母デアリングバードの2018となるマオノジーナスの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

もうアッという間に有名になりましたが、桜花賞(G1)そして先週のオークス(G1)を無敗で2冠馬となったデアリングタクトの全妹となります。父はエピファネイアで母デアリングバードの2018となるマオノジーナスをご紹介したいと思います。

マオノジーナスのプロフィール

馬名:マオノジーナス(2歳・牝馬)
馬主:湯浅健司氏
管理:黒岩師
落札額:700万円(セレクトセール2019)
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
デビュー予定:未定
鞍上予定:未定

ファーストクロップで早くもクラシック2冠の無敗馬が…

父はエピファネイアと、ファーストクロップとなる全姉のデアリングタクトが桜花賞(G1)、そして先週のオークス(G1)と牝馬2冠を達成したのは記憶に新しいですね。また驚きは現時点で全出走頭数が133に対して重賞勝利数が2回のみだが、その2回が牝馬クラシック2つのデアリングタクトだけの数字というのだから驚きです。とはいえ、マイルで気になるシーズンズギフトもいますし、中距離でのスカイグルーヴ、更にはアリストテレスの様な【1401】と勝ちきれずとも堅実な馬も出しており、益々今後が楽しみな種牡馬。そして2018世代もどんな産駒を出してくるか楽しみです。

重賞3勝のデアリングハートの血が騒いだ!?

そして母はキングカメハメハ産駒のデアリングバードですが、現役時は母母のデアリングハートの重賞3勝に対して、期待されるも僅かデビュー1戦で9着に敗れ、通算1戦0勝から引退、繁殖へと上がってしまいました。引退後は、初仔の2016(サウスヴィグラス/牝馬)は未だに未デビューのまま。
そして2017の2番仔エピファネイアを配合されたデアリングタクトがいきなり無敗で桜花賞(G1)、オークス(G1)を制する驚愕の強さを魅せた激走。1,200万円で落札された馬が今や2017世代の牝馬の頂点に立ちましたし、無敗のまま牝馬3冠馬に向け秋華賞(G1)へ調整されるでしょう。本当に楽しみ!。

2冠馬デアリングタクトの全妹が、僅か700万円で落札!?

そんな中、再度エピファネイアを配合されていたマオノジーナスがデビューに向け調整されている様ですが、その情報はまだ少ない。が、馬主は湯浅健司氏とコレと言った活躍馬はまだ出ていませんが、まさかのセレクトセール2019にて僅か700万円で落札し、当時はデアリングタクトがここまでなるとは露知らずで超お買い得馬となるのか非常に興味津々ですねwww。

また預託先は黒岩師でエピファネイア産駒のシーズンズギフトでフラワーC(G3)で3着、そしてNZT(G2)で2着となかなかの結果を出してますしので癖は理解されてるでしょうか。全姉とはコンビが全く違う点や2代続けて大物が出るか?という点は気がかりですが、やはり生産牧場から応援したくなるし、血統背景からは非常に応走る可能性大。

相当なプレッシャーだと思いますが関係者はそのプレッシャー負けず、マオノジーナスの良い面を引き出して欲しいですね。POGでも人気しそうですし、怪我なくデビューを迎えることを期待しています、そしてデビュー戦がめちゃくちゃ楽しみです!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました