2020年 目黒記念(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったキングオブコージがきてしまいましたか…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ、5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑬ウラヌスチャーム 10着(8番人気)
前走過去初の逃げからまんまと逃げ切った勢いは、このメンバーなら侮れないかも!?。そして気になっていた松山Jへの乗り替わりは先約の関係で決まったとの事。ならば牝馬2冠の勢いと手腕、更に距離延長、単騎逃げが濃厚で3勝の東京コースと考えれば、紅一点だが期待してみる。

◯ ⑫ゴールドギア 5着(5番人気)
前走で改めて感じたが、2400m以上だと【2010】で全て上がり最速から馬券圏内を確保と距離が合うのだろう。しかも前走の様に長い脚を使えるのも魅力で55から53キロの斤量減、そして東京コース【2014】は魅力。昇級でいきなりの重賞戦もハンデ差を生かせれば…馬券圏内で期待する。

▲ ⑩ミライヘノツバサ 13着(13番人気)
前走G1の壁かもしれないが何より馬場が厳しかったので参考外。2走前のダイヤモンドS(G3)が12戦振りの勝利となったが、今回上位人気となる馬を5馬身以上離す完璧なレース内容。今回は当時より900mも短縮するが、アルゼンチン共和国杯(G2)であのシャケトラに0.1秒差の2着と粘走は魅力で人気はないが期待してみる。

△ ④アイスバブル 2着(6番人気)
完全に脚を余した前走は展開不向きで度外視できる。昨年はアヴドゥラJでブラストワンピースを破り、ルックトゥワイスに0.2秒差の2着と連対。昨年に比べ斤量は1キロ上がるが、今年はレーンJを確保と手腕でカバー!?。多少人気も落ちてそうでここは好レースを期待する。

× ⑯オセアグレイト 6着(2番人気)
ダイヤモンドS(G3)で3着から挑んだLの前走が、1番人気に指示さるも内枠や展開が災いし5着と、最速の上がりを繰り出すも勝ち馬にまんまと逃げ切られてしまった。そして今回は12戦中9戦手綱を取った野中Jから、超大幅強化のルメールJを配した点もプラスで、スムーズな競馬さえできればと好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線馬場の真ん中から力強く抜け出した1番人気のキングオブコージ、
2着は勝ち馬の外から脚を伸ばした6番人気のアイスバブル、
3着は内々から57.5キロでも抜け出した7番人気のステイフーリッシュでした。

我が本命馬は、“逃げ”前提だったが…

我が本命の◎ウラヌスチャームですが結果10着となりました。スタートは、逃げで前に行くと思いきや両サイドに入られ控える形は想定外で1角では後方外からの競馬となりました。道中は後方4~5番手で流れに乗って脚を溜める形。3角でも位置取りは変わらずでも折り合いはつうてました。4角中間で少しずつ上がり、直線では外目に持ち出し追い出しへ。脚は伸ばしたもの前も止まらず、逃げると思ってた私でしたが、やはり逃げ戦法を取らなかった?取れなかったのは誤算でした。

この組み合わせで、想定外の3連単8万馬券の高配当…

馬券的には、何よりこの決着で3連単が86,550円!?と想定外の高配当で悔やまれる。いやぁ、荒れる可能性が高いというレースだっただけに実績のある馬より…伏兵と予想をしたが、勢いのあるキングオブコージ、レーンJのアイスバブル、57.5キロも実績のあるステイフーリッシュの結果。しかし勝ったキングオブコージはロードカナロア産駒で2500mを2勝目で重賞初勝利。血統はわからないもので、且つ面白いですねwww。残念ですが、昨日の万馬券2発的中の勢いは私には残ってませんでした…^^;

来週は鳴尾記念(G3)もありますが、注目は俄然安田記念(G1)ですね。アーモンドアイにダノンキングリー、インディチャンプ、ダノンプレミアム、グランアレグリア…もうキりない位に有力馬がいます。2週続けて万馬券的中に向け、予想頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました