2020年 安達太良ステークス 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったブランクエンドがきてしまっては…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑮ナンヨーイザヨイ 12着(6番人気)
昇級初戦だったこのクラスで3着の実績がありながら以降、馬券圏内に絡めない状況が続いた。そんな中で前走がまさかのダ1200mと新味を求めてるも、結果13着と忙しすぎたのは歴然の内容。今度は適距離【1011】に戻り、鞍上は北村(宏)J【0001】だが2走前にこのクラスで初の上がり1位を出した手腕に期待する。

◯ ⑩フラワーストリーム 14着(9番人気)
3戦連続東京でレーンJが騎乗し後方から3着に中盤から1着の勢いで、前走は前目からの競馬で昇級初戦が6着。今度は小回りの福島に替わるが同条件で3着の実績もある上に、馬場悪化で【0011】と好走歴もあるのはプラス。鞍上は野中(悠)J【0113】に戻り、このメンバーなら馬券圏内で期待する。

▲ ⑫ヴィーヴァバッカス 15着(7番人気)
前走不良馬場の2勝クラスを勝つも、意外にも最長距離でダ2100mと距離を延ばしたのが功を奏したか?。今回は再び使い慣れたダ1700m【1033】はいいが、小回りに替わる点がどう出るか?馬場悪化の【2010】は得意なだけに鞍上蛯名Jの手腕で好走を期待する。

△ ⑦グランデストラーダ 5着(2番人気)
ダートに替わり何れもダ1800mで2、1、1着と好走条件を見つけたかの様な結果を出している。また馬場が悪化しそうだが3走前が重で2着、前走が不良で勝利と条件も好転しそう。更に鞍上はレーンJを確保した今回も伸びしろも加味し、好走を期待する。

× ①エクリリストワール 3着(1番人気)
デビューから3着以下が1度もない中で迎えた昇級の前走3勝クラスで勝ち馬に0.5秒差の3着もハイレベルレースだった。というのも勝ったアシャカトブはその後OP勝ち、2着レッドフレイと4着ロードアクシスは共に次走同クラス勝ち。そして福島は1戦1勝で2着に6馬身差をつけ圧勝した舞台で、鞍上も戸崎Jなら好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位馬のレース結果

1着は平均ペースからまんまと逃げ切った4番人気のハヤブサレジェンド、
2着は勝ち馬の外から追い込んだ3番人気のブランクエンド、
3着は直線後方で馬場の真ん中から鋭い脚で追い込んだ1番人気のエクリリストワールでした。

後方からの競馬は厳しかった…

我が本命の◎ナンヨーイザヨイですが結果12着となりました。こちらも不良馬場で開催されたレースでしたが、スタートはやや伸び上がる感じで…。内を見ながら徐々に内へ入り1角では後方3番手の内で追走という形。道中は前に馬を置いて折り合いも付きましたが、勝負どころでよもやの後方2番手で既に手応えも…。馬場の真ん中から直線で脚を使うもあの位置からでは…という感じでしたね。

阪神に続き、またもや堅い結果に…

馬券的には、阪神競馬に続きコチラも4、3、1番人気決着で万馬券にはなったものの3連単15,230円は堅い結果。うーん、掲示板までに1~5番人気で決められてしまうとさすがに穴党としては厳しい結果。しかしグランデストラーダは不良馬場実績があるものの、5着はやはりレーンJが乗れてないのかな?…。コレも配当的に仕方なく、はい次!って感じですwww

明日はラジオNIKKEI賞とCBC賞ですね。堅い結果で…とか考えず、波乱を期待して予想したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました