【POG】ロードカナロア産駒で母シティウェルズの2018となるリッケンバッカーの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

阪神の新馬戦でも気になる馬が続々デビューを迎えます。父はロードカナロアで母シティウェルズの2018となるリッケンバッカーをご紹介したいと思います。

リッケンバッカーのプロフィール

馬名:リッケンバッカー(2歳・牡馬)
馬主:安原浩司氏
管理:西村師
父:ロードカナロア
母:シティウェルズ
母父:シティジップ
デビュー予定:2020年6月6日(土) 阪神 芝1600m
鞍上予定:松山ジョッキー

ロードカナロア産駒が巻き返すか!?

父はロードカナロアとなります。古馬のアーモンドアイが今週末は安田記念でG1・8勝目を狙う楽しみの反面、2017産が思うような結果が出せてない現状…個人的には気になる繁殖牝馬も多く、この2018世代で巻き返しを狙いたいところですね!

馴染みの薄いシティジップ産駒の国内戦績は…

そして母はシティウェルズと、カナダ産でシティジップ産駒と日本ではあまり馴染みのない産駒。現役時はオンタリオコリーンS(G3)で3着がありますが、通算6戦2勝で特に活躍したという訳ではないが母系の血からか、引退後は繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、初仔の2017となる牝馬のグラツィエディオ(父トーナリスト)は6戦し芝・ダを使われるも共に勝鞍なし。因みにシティジップ直子は2頭で、国内戦績は勝鞍はダート1200mの1勝のみ。そして母父ではダ1200m(父ヘニーヒューズ)と芝2000m(父ディープインパクト)の1勝ずつの実績。サンプルが少ないが、芝・ダ共に勝鞍はありますね。

松山Jを配し、阪神でデビューへ

そんな中、2番仔となるリッケンバッカーがロードカナロアを配合され、6月6日(土)の阪神芝1600mを好調な松山Jでデビューを迎えようとしています。また預託先は西村師と、2017産ではタイセイビジョンで重賞2勝し朝日杯FS(G1)で2着、NHKマイルC(G1)では4着の結果を出しており、この世代も期待したい師が期待するこのリッケンバッカーは“新馬勝ちを意識している”と手応えもあり、鞍上はキャリアハイの松山Jを配し万全の態勢の様。

同レースにはバゴの代表産駒になるかも!?と言われてるステラヴェローチェや、ドナウブルーの仔、ドナウエレンは川田Jを配し参戦等もいますが、デビュー戦でどんな結果を出すか楽しみな1頭です。

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました