【POG】ドゥラメンテ産駒で母フィールグリュックの2018となるセイウンブリスクの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母からは現時点で活躍馬が出てないが、近親にはサダムパッテク等のG1馬が…。父はドゥラメンテで母フィールグリュックの2018となるセイウンブリスクをご紹介したいと思います。

セイウンブリスクのプロフィール

馬名:セイウンブリスク(2歳・牡馬)
馬主:西山茂行氏
管理:手塚師
父:ドゥラメンテ
母:フィールグリュック
母父:ストラヴィンスキー
デビュー予定:2020年6月6日(土) 東京 芝1600m
鞍上予定:石川(裕)ジョッキー

父はクラシック2冠の新種牡馬ドゥラメンテ

父はこの世代の新種牡馬となるドゥラメンテ。やはり同新種牡馬のモーリスと比べられるのは当然でしょうが、子は全体的に筋肉量もあって動きがかなり良い様ですが成長のスピードはモーリスの子の方が早いそうです。何れにせよ期待されてる中で、繁殖牝馬も揃っていますし1番星がどの馬になるのか非常に楽しにな新種牡馬です。

近親にサダムパテック等のG1馬が…

そして母はフィールグリュックと、ストラヴィンスキー産駒で現役時はデビューが遅くなり通算4戦0勝と3着が1度あるものの厳しい結果。そのまま引退となり近親にマイルCS(G1)を勝ったサダムパッテクや、ヴィクトリアマイル(G1)を勝ったジュールポレールがいる血統から繁殖へ上がりました。その繁殖生活ですが、初仔の2014となるディープブリランテ産駒は未デビュー、2015のハーツクライ産駒は32戦4勝も地方での勝鞍、そして2016・2017のジャスタウェイ産駒は前者は5戦0勝、後者は未だ未デビューの状況と活躍馬が出てない状況。そんな中2018のセイウンブリスクが新種牡馬ドゥラメンテを配合され過去の兄弟から比べて異例な早さでデビューを迎えようとしています。

新馬戦は超良血馬との対決

預託先は手塚師でデビュー戦は6月6日の東京芝1600mを予定としており、あのブエナビスタの仔ブエナベントゥーラと同じレースを選択されてるのだが、超良血馬相手でも馬体重は500キロ近くあり、瞬発力もある模様。また、師からは『同時期のワーケアと同じくらい動いてる』とのコメントも。そのワーケアは日本ダービーへ駒を進め上位人気と比べるだけに期待度は高いという事だろうか。馬主は“セイウン”の冠でお馴染み西山茂行氏という事で、勝浦Jでデビューと思いきや、函館で良い馬を回してあげるようでこのセイウンブリスクは石川(裕)Jとのコンビとの事。コレはちょっと気がかりな私ですが、結果はデビュー戦で出ます。

超良血馬を相手にどんな走りをするのか興味津々な私です。
デビュー戦が楽しみです!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました