2020年 中京記念(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

我が本命◎のラセットが2着で来ましたが、仕方ないで切ったギルデッドミラーとケイアイノーテックも飛び…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑬ラセット 2着(6番人気)
前走の米子S(OP)で勝ち馬スマイルカナにはまんまとしれやられた感じだが、ほぼ最後方17番手から直線を進路を探しながら最速の上がりで2着に追い上げた脚は魅力的。トロワゼトワルは作る流れでハマれば馬券圏内も!?、期待する。

◯ ③ロードクエスト 11着(12番人気)
2018年のスワンSから勝ち星が遠ざかってる同馬で、重賞3勝馬も今や脇役の域に入ってる状況。だが、近2走で上がり2位の脚を連発し、2走前はマイラーズC(G2)で勝ち馬インディチャンプと上がりタイ。松若Jも3度目の騎乗だが、手が合う気がしてここは忘れた頃の一発を期待してみる。

▲ ①ベステンダンク 18着(8番人気)
最内1番枠も絶好で、前走都大路S(L)では58キロを背負いながらも2番手から粘走でクビ差勝ち。また、ハンデ57キロは見込まれた気もするが…ハンデキャッパーは実力を認めてる!?とみた。距離、コース実績は十分で渋とさを生かした競馬で前残りを期待する。

△ ④トロワゼトワル 17着(4番人気)
京成杯AHで重賞初勝利から一転、ターコイズS16着に阪神牝馬S15着の大負け。前走G1のヴィクトリアマイルでは、12番人気の低評価から“逃げ”の一手であわやの4着と激走。馬体が絞れた事や直線野長い府中が合ったのかもしれないが、ここも単騎逃げが濃厚で54キロなら。

× ⑪ソーグリッタリング 7着(2番人気)
鞍上が一番不安もマイル5勝馬。重賞では4戦し3、3、4、2着と勝ちきれずとも抜群の堅実さ。57キロの斤量も不利に感じここも勝ち切るまでは…だが、相手がパッとしないのも加味すると馬券圏内なら。軽量3歳馬の有力もいるが、鞍上川田J【2101】の相性なら好結果を期待したい。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位馬のレース結果

1着は直線半ばからジワジワ脚を伸ばした18番人気のメイケイダイハード、
2着は勝ち馬の外で後方から鋭い脚を伸ばした6番人気のラセット、
3着はいつの間にか内から突っ込んできた9番人気のエントシャイデンでした。

我が本命◎のラセットが2着と好走

我が本命の◎ラセットですが結果2着となりました。外目の枠でしたが問題なく、すんなりスタートを切れました。1角までは徐々に位置を下げ、後方の辺りへポジション取り。コーナーでは後方の3番手で脚を溜める形になりました。道中は折り合いもついてましたが、少し離され過ぎか?と思うが前も速いと感じた。内から直線で真ん中へ出しましたが、鋭い脚でぐんぐん前に出て最後は差し切れずも2着を確保しました。

いやはや両重賞が3連単300万円馬券って…

馬券的には、まさかのコチラも3連単300万円馬券の大波乱。立役者は最低人気で馬場の真ん中を突き抜けたメイケイダイハードが勝ち切り、そして勝ち馬を追いかけたラセットが2着、内を突いてエントシャイデンが3着の決着。ケイアイノーテック、ギルデッドミラーを切ってまぁまぁの波乱を予想したのですが、内の馬は馬場が悪く非常に走りにくい感じから、そこでスタミナを使いトロワゼトワルやベステンダンクは撃沈。やや外目の枠が好走という感じになりましたが、何より今日は両重賞はそれをも凌ぐ波乱のレベルが違いましたねwww。もう笑うしか無いがハズレはハズレですが、はい次!って感じでした。

来週は新潟名物のアイビスサマーダッシュ(G3)ですね!千直と外枠が断然有利なイメージですが、たまには内の馬が好走してもらいたいですねwww。

タイトルとURLをコピーしました