2017年 若葉ステークス 予想&結果あっぷる

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

頭数が頭数で馬が馬だけに荒れないですね…
そんな私の予想は、

◎ ドリームソルジャー 9着(5番人気)
2着に0.7秒差をつけ快勝した前走がやっと未勝利脱出となるが、
父ドリームジャーニー産駒の阪神芝の成績が微妙過ぎるが、
右回りで2000mなら馬券圏内の可能性で一か八か狙ってみる。

○ ユノディエール 8着(9番人気)
前走は重賞というよりは距離が短かったと思えたレースが10着。
2走前はその後重賞勝ちのアメリカズカップに0.5秒差の3着、
3走前に勝った2000mになれば結果は変わってくるはず。期待してみる。

▲ エクレアスパークル 2着(2番人気)
前走の末脚は圧巻の一言。この母から活躍馬が出てないが、
この世代好調のハーツクライ産駒だけにそろそろ…
1戦1勝馬でそう甘くはないだろうが未知の魅力に期待してみる。

△ シャイニーゲール 5着(3番人気)
前走3着もスタート後に進路が狭くなり下げたにも関わらず、
最後は最速の上りで3着まで詰めてきた。当時の勝馬が出てくるが、
同型の出方と良馬場になれば逆転の可能性も。

× インヴィクタ 3着(1番人気)
2400mで折り合った前走は余裕の差し切り勝ち。
距離は長い方が合うのだろうが今回は2000mは若干不安も新馬戦が1800mを勝利。
そして叩き2戦目に鞍上ルメールJに乗り替われば期待できる。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は道中2番手から直線早めに抜け出した4番人気のアダムバローズ、
2着は勝馬の外から追い込んできた2番人気のエクレアスパークル、
3着は遅れて外目を最速の上りで伸びた1番人気のインヴィクタでした。

我が本命の◎ドリームソルジャーですが結果9着となりました。
スタート後に前に出るよ思いきや後方から3番手の内!?
この時点でこのメンバーではとても届くとは思えず、
案の定直線では伸びず…選んだ私が悪いですね。

馬券的には4→2→1番人気と人気決着でどうにもなりませんが、
てっきりエクレアスパークルが4~5番人気と思ったら2番人気。
これにより予想が1~3番人気を入れてしまう失態。。。
全体的にダメな予想でした。

本日も波乱を求めにくそうなレースですが的中に向けて頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単的中率をグンとあげる方法はコレ!

 <<徹底的に競馬に勝つ>>
 うまコラボの「コラボ指数」は
 3連単が3回に1回的中する実力。

この指数はあなたの競馬収支を
最速最短でプラスに変えるでしょう。
※無料公開中※
突然ですが、あなたに質問です!

3連単的中率をグンとあげる方法を考えてください。

パッと思いつくのはこんなところでしょうか。

1.競馬新聞を買う
2.競馬雑誌を買う
3.プロ予想家の予想を買う
4.点数を増やす
5.ゲン担ぎにカツ丼を食べる

きっとどれも正解です。
少なからず効果はあるでしょう。

でも、的中率に直結するような
もっとコスパがよく、
もっと効果的な方法が
あるとしたらあなたならどうしますか?

おそらく誰もが悩むことなく
その方法を選択するでしょう。

3連単的中率を劇的に変えるその方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、
【コラボ指数を活用すること】です。
※無料公開中※

今あなたの頭には2つの「?」が
飛び回っているかもしれません。。。

【???コラボ指数ってなに???】

コラボ指数は、「スピード能力」「血統」、
「適性」、「統計データ」と
あらゆる要素を分析することによって、
3連単を3回に1回的中させる精度まで高めた指数です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【???なぜコラボ指数なの???】
その理由は、
圧倒的なコスパで圧倒的な的中率を
叩き出せる競馬データだからです。

具体的に言うと、
__________________

3連単が3回に1回的中する精度の指数が、  
わずか月額1980円で全レース見放題だから。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コラボ指数を使えば、
あなたは予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

今なら1日最大18レースの指数が無料で公開中です。
まずはコチラから無料登録して
その実力を試してみてください!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする