【POG】リオンディーズ産駒で母アンソロジーの2018となるアナザーリリックの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

そろそろこの母から走りそうな仔と思わせる前評判が!?。父はリオンディーズで母アンソロジーの2018となるアナザーリリックをご紹介したいと思います。

アナザーリリックのプロフィール

馬名:アナザーリリック(2歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:林(徹)師
募集額:1,400万円
父:リオンディーズ
母:アンソロジー
母父:サクラバクシンオー
デビュー予定:2020年8月29日(日) 新潟 芝1600m(牝限)
鞍上予定:津村ジョッキー

好調の新種牡馬リオンディーズ産駒

父はこの世代からの新種牡馬となるリオンディーズですが、先週は新種牡馬産駒が多く活躍しましたがリオンディーズから勝利はありませんでした。現在は4頭が勝ち上がってますが、新馬戦で2着に4馬身差をつけたピンクカメハメハが興味津々で次走は札幌2歳S(G3)を引き続き武(豊)Jで参戦予定との事。ここは他の新種牡馬に負けじと勢い付けたいところですね!

仔の活躍が厳しい状況だが…

母のアンソロジーですが、サクラバクシンオー産駒ですね。現役時はコレといった活躍ができず通算18戦2勝で引退し、繁殖へと上がりましたが記憶に残ってるのが洋芝をよく使われてたなぁ~という印象が強い。実際18戦中10戦で現に勝った2勝も、洋芝でしたからね。で、その後の繁殖生活ですが、カンパニーにジャングルポケット、ファルブラヴにヴァーミリアン、そしてエイシンフラッシュにスマートファルコン等を配合するもどれもかなり厳しい結果となっておりますが、そろそろ…。

師の評価は高め

そんな中、新種牡馬となるリオンディーズを配合されたアナザーリリックが今週末のデビューを予定しております。預託先が林(徹)師と開業3年目となりクレッシェンドラヴで重賞2勝を挙げており、初のシルクレーシングからの依頼とあればこれこそ結果を出したいところ。馬体重は約500キロ弱で調教も良さげ、更に陣営のコメントも気性の強さはありそうとの事だが前向きですし、デビュー予定の新潟芝1600mでは鞍上津村Jを配するとの事でコレは楽しみ。また、好調の新種牡馬リオンディーズに母父サクラバクシンオーだとキタサンブラックの3200mをこなした突然変異はともかく、意外に前段階ではマイルくらいも中距離もこなせる可能性も出てくるかも!?と思わせる血統背景。

さぁ、シルクレーシングで1,400万円の募集額でしたがお買い得だった!となるかそこも気になるところ。この先どんな結果を出すかも興味津々ですが、先ずはデビュー戦で本番が楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました