【桜花賞 2020】マイラプソディ、クリスタルブラック、ブラックホール、レクセランスは!?

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

さて、牡馬クラシック第一弾の皐月賞(G1)が中山競馬場で今週末開催予定となっています。先日は上位人気馬を検証しましたが、穴党としては上位人気以外馬が絡んで欲しいと願うばかり。果たして上位馬に割って入る馬がいるのか?勝手ながら複数頭ピックアップしてみたいと思います。

先ずは、

馬名:マイラプソディ(3歳・牡馬)
馬主:キーファーズ
管理:友道師
父:ハーツクライ
母:テディーズプロミス
母父:ソルトレイク
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

デビュー戦を勝ち野路菊S(OP)→京都2歳S(G3)を勝ち3連勝で挑んだ共同通信杯で1番人気に支持されるも4着。ハーツクライ産駒と成長途上とは言えど過去の予想でもお伝えしていた通り申し訳ないがどうも強さを感じなかった私。共同通信杯でダーリントンホールに0.7秒差をつけられたのは致命傷の差と思えてならない。また鞍上はサトノフラッグを弥生賞で勝たせた武(豊)Jが同馬を選んだのは先約やキーファーズとの仲という事でしょう。全く眼中にないのが本音で現時点で予想から切るのが決まってる私です。来たら完敗ですけどwww^^;

続いては、

馬名:クリスタルブラック(3歳・牡馬)
馬主:岡田勇
管理:高橋(文)師
父:キズナ
母:アッシュケーク
母父:タイキシャトル
鞍上予定:吉田(豊)ジョッキー

デビュー戦で前が残る中、後方10番手から最速の上がりで危なげない勝利。続く2戦目はG3の京成杯で12頭立ての7番人気ながらコチラも中団から直線一気で超良血馬スカイグルーヴを最速の上がりで交わし重賞初勝利。気になるのが鞍上吉田(豊)JでG1では…と、京成杯からぶっつけというのはかなり気になるものの、ローテとしては3着になったジェネラーレウーノを思い出した私。鞍上が大外ぶんまわしさえなければ…だが、現時点では予想の候補には残しておきたい私です^^;

そして、

馬名:ブラックホール(3歳・牡馬)
馬主:芹澤精一氏
管理:相沢師
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:石川(裕)ジョッキー

デビュー3戦目で札幌2歳S(G3)を制すも2着サトノゴールドがきさらぎ賞でコルテジアに完敗し3着アルジャンナにも…。また以降、ホープフルSで9着、弥生賞では4着と決めての差を感じた2戦。週末は雨の影響で当日の馬場が少しでも悪化すれば父ゴールドシップの血も味方に一考したいところだが、今回のメンバーは2枚も様な気がして洋芝であれば未知の魅力はまだ感じれるがG1では力不足感を感じている私。現時点では予想の候補から外す予定です^^;

また、私の穴馬として現時点で気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

最後に、

馬名:レクセランス(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:池添師
父:ディープインパクト
母:エクセレンスⅡ
母父:シャンゼリゼ
鞍上予定:池添ジョッキー

前走はリステッドのすみれSを差のないクビ差で差し切りこれでデビュー3連勝中の同馬。そのレースは頭数は少なかったにしろ、2着アリストテレスはリステッドの若駒Sでケヴィン(離脱)にクビ差、そして3着のエカテリンブルクはリステッドの萩Sでヴェルトライゼンデに0.1秒差の3着の実力。血統もディープインパクト産駒で3戦すべて最速の上がりで勝利とラストの脚もしっかり。唯一気がかりはデビューから手綱を取っていた川田Jが騎乗せず、北村(友)Jに乗り替わりな点。ここでは力が足りないという事なのだろうか?…と勘ぐってしまうが、現時点では予想の候補に残したいと思う私です^^;

という事で、勝手ながら中穴人気になりそうな4頭を検証してみました。穴馬候補…皐月賞は上位陣が強いかもしれないが競馬は走ってみないとわからないですからね。3連単10万馬券超えを期待しつつ、徐々に馬を絞って予想していきたいと思います^^

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました