【マイルチャンピオンシップ 2020】グランアレグリアVSサリオスで決まる!?そして気になる穴馬は…

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、マイルチャンピオンシップ(G1)が阪神競馬場で開催されます。注目は俄然G1・3連勝を狙うグランアレグリアVSこの世代で№2のサリオスがG1・2勝目を狙い激突します。その他にもG1馬や虎視眈々と3歳勢等などG1勝利を狙うマイル猛者が揃ったメンバー構成です。非常に楽しみな一戦ですが、勝手ながら複数頭を検証したいと思います。

マイルチャンピオンシップ/2020 ピックアップ馬

G1・3連勝となるか!?

馬名:グランアレグリア(4歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:藤沢(和)師
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:タピット
鞍上予定:ルメールジョッキー

桜花賞勝ちからG1勝ちは遠のいてたものの2走前の安田記念であ0問度合いを、そして前走スプリンターズSではダノンスマッシュを蹴散らしG1・2連勝中の勢いのままG1・3連勝を狙ってきました。また鞍上はルメールJと先週のエリザベス女王杯をも勝ち人馬共に勢いが止まらない状況。中間の追いきり内容が軽いのが気がかりであっさりの可能性もありながら、勝ち切るまでは!?も視野に入れても現時点で馬券圏内の可能性は高く予想の候補に残しておきます^^;

続いては、

3歳世代№2の実力馬

馬名:サリオス(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:堀師
父:ハーツクライ
母:サロミナ
母父:ロミタス
鞍上予定:デムーロジョッキー

3歳世代から参戦だが、朝日杯FS勝ちのG1馬でこの世代では3冠馬となったコントレイル以外には負けておらず実質№2の実力馬。また毎日王冠では古馬相手に3馬身差をつける圧勝で4番手から差し切り勝ち。更に調教タイムもかなり良く、絶好調の状況と行った手応え。鞍上はルメールJがグランアレグリアを選び、サリオスにはデムーロJがテン乗りとなるが、ここは闘志剥き出しで当日を迎えるはず。距離もマイル~2000mくらいがベストと思え、現時点では穴党の私でも予想に入れようと思ってる次第です^^;

パーフェクト馬券圏内ジョッキーに乗り替わり

馬名:ラウダシオン(3歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:斎藤(崇)師
父:リアルインパクト
母:アンティフォナ
母父:ソングアンドアプレイヤー
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

小倉2歳S3着や紅葉SとクロッカスS勝ち、そしてファルコンSで2着と1400m以下で実績があり、マイルの朝日杯FSで8着に敗れた結果があれば…低評価をの9番人気は否めないと思うも、NHKマイルのG1を制した2走前は驚きだった。そして前走富士Sでは56キロの斤量と成長分を加味しても少し重かったか?プラス16キロの馬体重で2着を確保と休み明けでも格好は付けた。ただ鞍上デムーロJがサリオスに乗り、3戦して【1110】の武(豊)Jの乗り替わりはマイナスとは思わないが…気がかり。色々と加味して、現時点では予想の候補から外す予定の私です^^;

現時点で気になる穴馬は…

で、現時点で私の穴馬として気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

条件が好転し、配当妙味も感じるが…

馬名:スカーレットカラー(5歳・牝馬)
馬主:前田幸治氏
管理:高橋(亮)師
父:ヴィクトワールピサ
母:ヴェントス
母父:ウォーエンブレム
鞍上予定:岩田(康)ジョッキー

2走前のクイーンSで3着から挑んだ前走天皇賞・秋は9着に破れた。ややプラス14キロの馬体増で挑んだだけに、ある種叩き台だったか!?とも思う私。ただ今回は、鞍上が前走復活劇を演出したカツジではなくコチラの手綱を取る岩田(康)J、そして斤量が前走から1キロ減、距離短縮に加えと不気味な気もするが…牝馬限定戦の馬というイメージが強い私。人気が落ちそうなのは配当妙味的に良いが、3連単5頭BOXだと5頭の中には入れ辛く…現時点では予想から外す可能性が高い私です^^;

という事で、勝手ながら4頭をピックアップしてみました。やはりグランアレグリアVSサリオスが中心でしょうが、インディチャンプやアドマイヤマーズ、サウンドキアラ等など曲者が揃ってるだけに何とか穴党の出番がある事を願ってる私。さて、本番はどんな結果となるのか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました