2020年 マイルチャンピオンシップ(G1) 予想 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったインディチャンプが2着に…そして穴党の出番なし^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 2 レシステンシア 8着(4番人気)
先週だが2歳重賞でコースレコード、そしてG1では0.2秒差でコースレコードに迫った高速馬場の阪神。ならば朝日杯FS馬のサリオスのタイムを0.3秒も速く、あのウオッカのレコードを塗り替えら阪神JF馬の出番。骨折明けでぶっつけだが、馬体成長をも加味してプラス体重でも一発を期待してみる。

◯ 3 ケイアイノーテック 13着(10番人気)
4走前からのチークピーシーズが効いてるのか、着順も安定し早めに仕掛けても動けるようになった印象。安田記念ではダノンプレミアムやダノンキングリー、アドマイヤマーズにペルシアンナイト等を負かして5着。叩かれた上積みに、そしてこの異常に感じる馬場からひょっとしたらハマるかも!?と期待してみる。

▲ 14 サウンドキアラ 10着(7番人気)
前走は馬場が悪いところを通ったのもあったか10着に破れたが、休み明けで勝ち馬とは0.5秒差ならまだ見限れない。今年は金杯でダイアトニックを、そしてヴィクトリアマイルではノームコア以下のG1馬等を抑え込み2着。得意のマイルに戻り、前走の負けで配当妙味が出るなら…好調松山Jと共に巻き返しを期待する。

△ 4 グランアレグリア 1着(1番人気)
G1・2連勝を飾った前走スプリンターズSが、やや出負けしてほぼ最後方の位置から直線で豪快な脚。それでいて馬体重は12キロ増…精神的に大人になりマイル以下では敵がいないイメージでもう完成の域か。今回△は、1200m→1600mという点で折り合いだけが気がかりだが…逆らうまでもなく素直に期待する。

× 17 サリオス 5着(2番人気)
3冠馬のコントレイル世代から朝日杯FSを勝ったNo.2が、古馬相手のマイルG1に参戦は面白い。大外枠は想定外だったが、戦績からも1600~2000mではかなりの能力を発揮できると信じている。更に成長した馬体でさすがのデムーロJもここは馬券圏内には連れてくるはず!?。好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線半ばでグイッと脚を伸ばした1番人気のグランアレグリア、
2着は直線で一旦は先頭に立ちお仕切りを図った3番人気のインディチャンプ、
3着は馬場の真ん中から追い込んだ5番人気のアドマイヤマーズでした。

我が本命◎は、あのペースで踏ん張りきれず…

我が本命の◎レシステンシアですが結果8着となりました。スタートは内枠2番からでしたが、若干出負け気味も二の脚でスッと出れそのまま先頭へ立ち予想通りの単騎逃げに持ち込めました。道中は気持ちよく感じれる逃げで折り合いも付き、スローでマイペースの逃げは絶好。3~4角では後続が詰まってきながら内を付いて直線へ。その直線では半ばまで踏ん張るも3歳馬のキャリアでこの強敵相手に踏ん張りきれず…無念の負けですね。

グランアレグリア強し!そして穴党の出番なし。。。

馬券的には、グランアレグリアは一旦は進路がないと思ったのですがやはり次元が違いましたね。ルメールJの冷静さと、直線半ばでロケットダッシュを魅せた脚が全てと感じました。またさすがは昨年の覇者インディチャンプが2着でしたが相手が悪かった…そしてG1・3勝のアドマイヤマーズが3着とはさすがG1馬の底力を魅せましたね。またプラス24キロもありながら4番人気!?…となってしまったレシステンシアは、穴馬どころではなくなりましたがもう事前予想では後の祭りwww。ただあのスローで馬券圏内に入れないのはキャリアの浅さと現時点での力差を感じました。3連単は想定の範囲内と感じた4,480円と、何れにせよ穴党の出番はなしだったので穴党の出番は微塵もない感じですが…はい次っ!って感じです^^;

明日は東スポ2歳ステークスが開催されますね。本日も諸事情により霜月Sの予想ができませんでしたが、明日も諸事情により東スポ2歳のみの予想になりますので何卒ご了承下さいませ。しかし頭数が少ないだけに配当が…という気もしますが、好配当を狙いたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました