【POG】ロードカナロア産駒で母フロアクラフトの2018となるラヴォルタの3歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2番仔、そして一族に重賞で活躍馬が多数の血が騒ぐか!?父はロードカナロアで母フロアクラフトの2018となるラヴォルタをご紹介したいと思います。

ラヴォルタのプロフィール

馬名:ラヴォルタ(3歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:田村師
募集額:4,400万円
父:ロードカナロア
母:フロアクラフト
母父:フジキセキ
デビュー予定日:2021年1月30日(土) 東京 芝1600m
鞍上予定:ルメールジョッキー

クラシックへ迎える産駒が…

父はロードカナロアとなりこの2018世代で先週は、新馬勝ち及び未勝利戦での勝鞍はありませんでした。ヴェイルネビュラしかりフォドラはマイル路線な印象が強く、この世代でのクラシックを狙うべく代表産駒はやあはりタイムトゥヘヴン1頭でしょうか…あの化け物だったアーモンドアイや、サートゥルナーリアにステルヴィオ等G1馬を輩出したと思うと現状は寂しい気持ちだが、産駒がもっと頑張って欲しいところです。

一族には重賞で活躍馬が多数…

母はフロアクラフトとなりフジキセキ産駒ですね。現役時は4勝を挙げ、スイートピーS(OP)で2着やオークス5着と奮起するも重賞勝利とはならず。通算32戦4勝で引退し繁殖へとと上がりました。因みに母母リッチダンサーからは重賞3勝バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)や、ムーンクエイク(父ホークウイング)、重賞2勝のコントラチェック等がいる血統だけに繁殖馬として期待度は高く感じます。その繁殖生活は、初仔で全姉のピクチャーポーズが4戦0勝で登録抹消と厳しい結果となってますね。

2番仔、鞍上はルメールジョッキー!?

そんな中、再度ロードカナロアを配合されたラヴォルタが今週末デビューを予定ですね。そのデビュー戦は東京の芝1600mで鞍上はルメールJを配してる様ですし、この時期は抽選が待ってますのそこは潜り抜けて欲しいところ。また、2番仔で姉より募集額も上がり血統的にも期待できそうな印象を私は受けますが、預託先が田村師は今年はまだ未勝利といのはちょっと気になるところ…また、デビューが遅くなったのは一時皮膚病で調整が狂う部分もあった様ですが、今は調教もしっかりこなし非常に状態もかなり良さそう。鞍上もルメールJを配す程の素質馬と思えますし、血統的にも芝寄りなイメージを持ってるだけに波に乗って桜花賞(G1)へ…という流れができるといいですね。

無事ゲートインし、どんな結果を出してくるのか非常に楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました