【POG】ハーツクライ産駒で母レッドファンタジアの2019となるレッドベルアームの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

もう馬名も預託先も決まった同馬ですが、血統的にもこの父に替わっても楽しみ。父はハーツクライで母レッドファンタジアの2019となるレッドベルアームをご紹介したいと思います。

レッドベルアームのプロフィール

馬名:レッドベルアーム(2歳・牡馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:藤原師
募集額:5,600万円
父:ハーツクライ
母:レッドファンタジア
母父:アンブライドルズソング
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

2018は重賞勝ち馬グラティアスが…

父はハーツクライとなりますが、2018世代では現状最上位はやはり京成杯(G3)を勝ったグラティアスでしょう。2戦2勝で共に上がり最速、また血統的にも阪神JF馬となったレシステンシア(父ダイワメジャー)がいますしクラシック制覇へ有力候補というのは間違いないですね。その他には記憶に新しい先週の共同通信杯(G2)で2着と好走のヴィクテクファルス等もいます。何せリスグラシューやジャスタウェイを出した種牡馬ですし現役では精彩を欠くも朝日杯FS馬のサリオスもいます。古馬になっても活躍が見込める可能性もあるだけに楽しみですね。

繁殖牝馬として優秀な母

母はレッドファンタジアで米国産のアンブライドルズソング産駒ですね。日本でデビューしましたが現役時は芝・ダートを使われ9戦するも、1勝もできないまま通算9戦0勝で引退し繁殖へと上がってしまいました。ただ繁殖馬としてはかなり優秀で、2017のレッドベルジュール(牡馬)がデイリー杯2歳S(G2)勝ち、続く2018のレッドベルオーブ(牡馬)もデイリー杯2歳S(G2)を勝って朝日杯FS(G1)で3着も1番人気に支持された程で距離にやや不安を感じるが今後が楽しみな兄弟。因みに初仔のレッドベルローズ(牝馬)が3勝でフェアリーS(G3)3着の実績、2番仔レッドベルディエス(牝馬)が4勝を挙げておりデビューした馬が全馬ディープインパクト産駒ですが勝ち上がり率が高い。

初のハーツクライも期待大!

そんな中、5番仔にして初のハーツクライを配合されたのがこのレッドベルアームですね。ディープからハーツに替わりどんな風に出るか気になるが、預託先がベルジュール&ベルオーブを共に重賞勝ち馬に導いた藤原師で、3年連続預託は関係者の期待度の高さが伺われますね。また兄弟が思ったより早い段階で活躍をしてるイメージがあり、ハーツクライの血で補えれば活躍の時期や距離の方も融通が利きそうでは!?。馬体重が500キロオーバーで恵まれており、坂路では落ち着いた走りができてるとの事。怪我などなく、順調にいけばPOGでも早期活躍できそうですしこれは楽しみな1頭ですね。

個人的にも注目してみたい1頭です。

タイトルとURLをコピーしました