【POG】ロードカナロア産駒で母ジンジャーパンチの2019となるプレミアムスマイルの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

そろそろG1に手が届く仔が出てきても…と思うが、マイル路線で活躍か!?父はロードカナロアで母アジンジャーパンチの2019となるプレミアムスマイルをご紹介したいと思います。

プレミアムスマイルのプロフィール

馬名:プレミアムスマイル(2歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:池添師
募集額:5,600万円
父:ロードカナロア
母:ジンジャーパンチ
母父:オーサムアゲイン
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

産駒ダノンスマッシュがG1勝ち

父はロードカナロアとなり先週の2018世代ではリッケンバッカーが芝で、マテンロウルビーがダートで共に未勝利戦を勝ち上がりました。またクラシックへ向けては京成杯(G3)で2着だったタイムトゥヘヴンが弥生賞で6着に負けてしまい、次走NZTとの事でマイル路線に変更という感じですすが、アドマイヤハダルが若葉S(L)を制し皐月賞へ向かうと思われクラシックへ向かう産駒として有力候補という事になりそうですね。先週古馬のダノンスマッシュが高松宮記念で国内G1初勝利でG1・2勝目を挙げました。まだまだ種牡馬としても需要はあるの今後も強い馬が出てくるのを期待したいですね。

重賞4勝と4連勝+重賞3着の仔

母はジンジャーパンチで米国産のオーサムアゲイン産駒ですね。現役時は、BCディスタフを始めゴーフォーワンドHを連覇、パーソナルエンサインS、ラフィアンH、更にはオグデンフィップスHとG1・6勝馬となり通算22戦12勝で引退し繁殖へ上がった名牝。その繁殖生活は、やはり2012のルージュバック(父マンハッタンカフェ/牝馬)は忘れられない存在。G1には手が届かなかったものの、きさらぎ賞(3)では化け物とまで思わせた走りにエプソムC、毎日王冠にオールカマーの重賞4勝し、その後活躍馬が出なかったが2017のポタジェ(父ディープインパクト/牡馬)が4連勝から初重賞挑戦の金鯱賞(G2)で3着と好結果。今後が楽しみな存在ですね。

距離がマイル以下

そんな中、プレミアムスマイルと馬名が決まった9番仔は初のロードカナロアを配合されました。預託先は多数の良血馬を預かりようやくサラキアで結果を出し、2018世代ではクラシック制覇へ向けスプリングS(G2)勝ちのヴィクティファルスがスタンバイとなる池添師との事で勢いがあります。また、募集価格はやや強気な感じがするのだが…現状調整も順調そのものの様ですし、馬体も見栄えもよく血統的にはマイルまでかな?という印象。走る仔は出してる血だけに、最大目標は桜花賞(G1)!?に向け好結果を出せていけるといいですね。デビューが楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました