【POG】ラブリーデイ産駒で母リアリティーの2019となるヴィルティスの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

まさかの預託先はトップトレーナーへ!?、気になって仕方ない…。父はラブリーデイで母リアリティーの2019となるヴィルティスをご紹介したいと思います。

馬名:ヴィルティス(2歳・牝馬)
馬主:大江実氏
管理:友道師
父:ラブリーデイ
母:リアリティー
母父:アドマイヤマックス
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

初年度産駒はやや苦戦…

父はラブリーデイとなり、先週の2018世代では勝鞍を挙げる事ができませんでしたね。一応この世代ではロンギングバースが未勝利&朱竹賞(1勝クラス)の2勝をして総賞金としてはトップだが、個人的には金子真人氏所有のジャカランダレーンの新馬勝ちからダリア賞3着にもみじS3着、紅梅S4着の堅実さを武器に今後の活躍を期待したいところだが…クラシックへ!という感じではないが今後も自身のテリトリーで頑張って欲しいところ。因みに金子氏はティーフォートゥー(父ラブリーデイ/牝馬)というファーゴの2019にて所有との事で、2019のセカンドクロップから大物が出る可能性も!?と、願いたくなりますね。

初仔、2番仔共に0勝…

母はリアリティーでアドマイヤマックス産駒ですね。現役時は、新馬勝ちから挑んだダリア賞(OP)で3着と好走するもその後は…という事で、地方移籍からの通算34戦2勝で引退し、主な活躍ができなまま繁殖へと上がりました。その繁殖生活では、初仔のバーチャルワンダー(父グラスワンダー/牡馬)は通算12戦0勝で地方現役、2番仔の2018となるハイテレスヴェター(父ラブリーデイ/牝馬)は芝・ダートで走るも6戦0勝で登録抹消と、共に活躍ができずの状況…。

再度ラブリーデイを配合に、預託先が友道師!?

そんな中、ヴィルティスと馬名が決まった3番仔はデキが余程良かったのか?再度ラブリーデイを配合されました。また、馬主は同馬を生産された大江牧場の大江実氏で過去3頭所有(ナツメガミ、タイキディアナ、ジャストウイン)も主な活躍はなし。自身4頭目の所有馬ヴィルティスがよもやの預託先は友道師!?と、思わず二度見してしまいました。調整も順調そうで、早い段階で入ってきそうで情報がまだ少ないながらもが良い意味で“何かある?”と俄然期待したくなりますし、気になります。はてさてひょっとしたらひょっとするかもしれない同馬、個人的にデビュー当日は特に注目したいところです。

タイトルとURLをコピーしました