【POG】イスラボニータ産駒で母フリアアステカの2019となるフルティージャの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

開幕週の牝馬限定となる東京芝マイル戦では評判馬が揃い、大注目の一戦でしょうか。父はこの世代からの新種牡馬イスラボニータで母フリアアステカの2019となるフルティージャをご紹介したいと思います。

フルティージャのプロフィール

馬名:フルティージャ(2歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:林師
募集額:2,000万円
父:イスラボニータ
母:フリアアステカ
母父:ゼンセーショナル
デビュー予定日:2021年6日6日(日) 東京 芝1600m(牝限)
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

新種牡馬イスラボニータ

父はイスラボニータとなりこの世代からの新種牡馬ですね。現役時は牡馬クラシックの皐月賞のG1勝ちを始め、引退レースの阪神CにマイラーズCのG2を2勝、更に東京スポーツ2歳S、共同通信杯、セントライト記念のG3を3勝し、通算25戦8勝で引退し種牡馬入り、因みにG1は日本ダービー2着に、天皇賞・秋で3着2回、マイルCSで2、3着と惜しい競馬が続きましたがキレる印象よりは前目から粘るという印象が強いイメージ。産駒にはどんな遺伝子が引き継がれていくか非常に楽しみな新種牡馬ですね。

母はアルゼンチン産のG1勝ち馬

母はフリアアステカとなり、アルゼンチン産のゼンセーショナル産駒ですね。現役時はラプラタオークスのG1勝ちと、アルトゥーロR&アルトゥーロブルリッチ賞のG2を勝ち、通算13戦4勝で引退し繁殖へと上がりました。因みに父ゼンセーショナルはトリプルベンドH、ビングクロスビーS、パットオブライエンSのG1を3勝し8戦5勝で引退し、国内での活躍馬は、2013年にデビューしたエイシンスパルタンが春雷S(OP)勝ちがハイキャリアも、スワンS(G2)で2着や京阪杯(G3)で3着と好走をし中央の芝で6勝を挙げてますね。話はフリアアステカに戻り、この2019が初仔となるだけにどんな走りを魅せてくれるか楽しみですね。

調教師×ジョッキーと若手コンビに期待

そんな中、フルティージャと馬名が決まった初仔には新種牡馬のイスラボニータが選ばれました。また、預託先は開業4年目の林(徹)師との事だが、2018世代ではソングラインで紅梅S(OP)を勝ちNHKマイルC(G1)であわやのハナ差2着、そしてアナザーリリックでアネモネS(L)を制する等キャリアが浅くも今後が非常に楽しみな調教師。またデビュー戦は6月6日の東京芝マイル(牝限)で鞍上はコチラも若手Jながらエフフォーリアで皐月賞を勝ち、日本ダービーで奇しくも2着となった横山(武)Jで参戦。このレース、ルメールJ騎乗のレディナビゲーターや福永J騎乗のクレイドル、そして川田J騎乗のリアグラシア等など評判馬が参戦予定。ハイレベルな一戦となりそう!?ですが、陣営もここへぶつけてくる辺りは自身の現れか!?。調教の動きも良いようですし、まだ未知ながら魅力を持つ新種牡馬イスラボニータ産駒ですが、個人的に注目の新馬戦でどんな結果になるか興味津々な私です。

タイトルとURLをコピーしました