【POG】キズナ産駒で母アールブリュットの2019となるパラレルヴィジョンの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

初仔ながら、動きや調教師からもデビュー戦から期待したくなる血統です。父はキズナで母アールブリュットの2019となるパラレルヴィジョンをご紹介したいと思います。

パラレルヴィジョンのプロフィール

馬名:パラレルヴィジョン(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:国枝師
募集額:5,000万円
父:キズナ
母:アールブリュット
母父:マクフィ
デビュー予定日:2021年6日26日(土) 東京 芝1800m
鞍上予定:未定

初年度産駒から好調でそろそろG1馬が…

父はキズナとなり先週は産駒の出走が1頭もなかった感じかな?、また2019世代では2頭出走もまだ勝鞍がない状況。ただ初年度産駒から好調で確実にリーディング順位が上がってます。ディープボンドの様な天皇賞・春で2着やNHKマイルCのソングラインで2着とG1馬が出てないが、距離の融通性や芝・ダート問わずでそろそろG1馬が出ても…という感じ。この2019世代では更なる新種牡馬が出てきますがディープインパクトの血を引き継ぐべく、益々の活躍を期待したいところですね。

母は4勝もコレといった活躍は…

母はアールブリュットとなり、マクフィ産駒ですね。現役時は最速の上がりからデビュー戦を勝利し、続くアルテミスS(G3)で7着。その後も堅実な走りでしかも確実なラストの脚から3勝を積み上げるも主な活躍とはいかず。距離は芝1200~1800mでの勝鞍で通算14戦4勝から引退し、繁殖牝馬へと上がりました。また祖母のイグジビットワンからは、中日新聞杯(G3)を勝ち重賞で2着1回、3着4回のメートルダール(父ゼンノロブロイ/牡馬)が出ております。そんな中、アールブリュットの仔はこの2019世代が初仔となります。、

国枝師×ルメールJがキズナ産駒を…

そんな中、その初仔にはキズナを配合されたパラレルヴィジョンが今週末デビューを予定しておりますね。デビュー戦は26日の東京芝1800mで預託先は母のアールブリュットを管理した戸田師ではなく、よもやの国枝師。そして鞍上は当初ルメールJと予定されてましたが、同レースにジオグリフ(父ドレフォン)が予定レース変更でコチラへ参戦となり、当初騎乗予定の北村(宏)Jが先週落馬骨折からルメールJに白羽の矢がたったそう。という事で現状は鞍上未定…ただルメールJに振られたとは言え、調教では先週スレイプニルSを勝ったハヤヤッコ相手に同入で動きはかなり良さげ。当日のライバルとなれば、戸崎Jで参戦予定のアスクビクターモア(父ディープインパクト/牡馬)辺り?何れにせよ、距離は2000mまでという感じの様ですが、師もかなり高評価でコレはかなり期待度が高いという事でしょうか。初仔だけが気になる私ですが、この時期にデビューできるのも強みですし、何せ国枝師×ルメールJ。キズナ産駒としてのG1馬勝ちに近づける様な結果を出せるといいですね。結果が興味津々な私です。

タイトルとURLをコピーしました