2021年 クイーンステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったテルツェットがきてしまいましたか…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 2 イカット 7着(5番人気)
2勝クラスを勝ったばかりだが函館コース【2001】に、札幌でも【1010】と洋芝巧者。更に全9戦で最速の上がりが2度あるが、共に洋芝。距離も全9戦中6戦が1800mで【3021】と、別定戦で格上挑戦もこの条件を狙ってきた印象。鞍上は飛躍中の横山(武)Jで継続騎乗なら勝ち切るはともかく馬券圏内で期待してみたい。

◯ 10 サトノセシル 3着(8番人気)
前走2勝クラスを勝ち格上挑戦の身だが、約半年振りのレースも2着に1馬身1/2差をつける勝利。その勝ちタイムは巴賞(OP)を上回ってる事も見逃せない。牝馬限定戦で叩き2戦目、更に函館は1戦1勝で小回り洋芝適性もある。そして何より好相性の大野Jが騎乗すれば【3201】となれば馬券圏内で期待したい。

▲ 12 シゲルピンクダイヤ 10着(4番人気)
前走ヴィクトリアマイルが13番人気の低評価を覆す5着と大健闘。勝ち馬グランアレグリアはともかく、2着以下とは0.1秒差以内の大混戦。またクラスが下がりメンバーも楽になる上に当時3着だったマジックキャッスルは56キロに対して1キロ軽い55キロと逆転の目も!?。唯一気になる距離1800mが3戦3敗だが、複数のお手馬から選んだ和田Jを信じる。

△ 6 マジックキャッスル 2着(1番人気)
今年に入り、愛知杯で重賞初勝利から阪神牝馬Sで2着に前走G1のヴィクトリアマイルで3着と充実期を感じる内容。懸念点が洋芝初参戦の小回り函館コースだが…秋華賞の馬場で2着とは訳が違うだろうが、闘ってきた相手と実績からはさすがに上位。鞍上はこの日、1頭入魂の戸崎Jに好勝負を期待する。

× 5 ドナアトラエンテ 11着(2番人気)
前走の福島牝馬S(G3)では、川田Jのテン乗りでタイム差なしのハナ差2着で初重賞制覇に後一歩。今回はJRA10場重賞制覇を狙うべく継続で川田Jが騎乗し、陣営は集中力を高めるべくチークピーシーズ着用も調教で効果を魅せている。前走から1キロ斤量増だが、良血の血と自身の勲章で奮起を見込んで好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線真ん中から豪快に脚を伸ばした直掩3番人気のテルツェット、
2着は早めに抜け出しお仕切りをはかった1番人気のマジックキャッスル、
3着は勝ち馬の外から鋭い脚を魅せた8番人気のサトノセシルでした。

直線で逃げ馬の後ろに付けたままで…

我が本命の◎イカットですが結果7着となりました。スタートは内枠2番からでしたが、クラヴァシュドールが後手を踏みスッと最内を突いていきましたが行ききりませんでした。1角では個人的に想定外の後方5~6番手にポジションを取りました。道中は中団のちょい後ろで内から折り合いもついて脚を溜める形。3角まで徐々にポジションが上がり4角では5番手辺りで直線へ。その直線では最内のコースを選び脚を伸ばして良い脚を使ってましたが、ローザノワールが止まりフェアリーポルカに蓋をされ完全に横山(武)Jは後ろで競馬をしたのが誤算で結果前が詰まってしまいました。不完全燃焼ですがコレも競馬で仕方ありませんね。

10場重賞制覇に目がくらみ…

予想的には、1着はルメールJより10場重賞制覇の川田Jの方を期待し切ったテルツェット、2着は勝ちきれずとも56キロでクビ差の競馬を魅せたマジックキャッスル、3着は◯で推したが後方から良い脚を魅せたサトノセシルでした。3連単が16,480円と低配当になり穴党の出番はありませんでしたが、天候は雨で良馬場…微妙な馬場。人気のドナアトラエンテがよもやの11着でしたし、雨になったら懸念してたシゲルピンクダイヤは10着…そしてイカット…選んだ自分が悪いので遇の音も出ませんが人気馬テルツェットが1頭抜けのハズレはハズレです。

次週は3歳のレパードSと、古馬のエルムSと共にダート重賞ですね。どうも予想は夏バテ気味ですがスタンスは変えず頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました