2022年 鳴尾記念(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったサンレイポケットとジェラルディーナが共に2、3着…^^;
そんな私の予想が、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 7 ショウナンバルディ 7着(6番人気)
近3層が日経新春杯12着に金鯱賞6着、更に前走初G1の大阪杯では12着だが勝ち馬に0.9秒差なら。昨年のこのレースで2着で、中日新聞杯(G3)勝ちと中京【3114】は好相性。鞍上も4番ではなくコチラに騎乗の坂井(瑠)Jに好走を期待する。

◯ 10 ヤシャマル 9着(8番人気)
3連勝の勢いで挑んだエプソムC(G3)の9着からジワジワと力を付け、近2走の日経新春杯(G2)に新潟大賞典(G3)で共に3着。斤量2キロ増は気になるが、継続騎乗の松田J【0020】と手が合い叩かれた上積みあり。中京【0011】も東京【4213】なら一発を期待する。

▲ 5 ギベオン 4着(7番人気)
昨年の金鯱賞(G2)では逃げてデアリングタクト以下を完封し、前走で今年は3番手から57キロのトップハンデで5着。後に大阪杯を制した4着ポタジェにタイム差なしで、今回斤量1キロ減の56キロに同じ中京コース+西村Jなら…配当妙味からも狙ってみる。

△ 2 ヴェルトライゼンデ 1着(2番人気)
1年4ヶ月の屈腱炎明け初戦から狙うのは半信半疑だが、調教の好時計連発に中京の神戸新聞杯(G2)ではコントレイルを凌ぐ最速の上がりで2着の実力。そして56キロの斤量とレーンJを配してまで!?…と勘ぐり、狙ってみる。

× 8 カイザーバローズ 6着(1番人気)
初重賞挑戦の前走新潟大賞典(G3)では、出遅れから最速の上がりで勝ち馬レッドガランとクビ差2着と上々の結果。安田記念出走セリフォスとの追い切りもやや遅れたが好仕上がり。中京【1010】に鞍上は【3010】の川田Jに乗り替わりならここも好走を期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中から鋭い脚を伸ばした2番人気のヴェルトライゼンデ、
2着は直線後方外から脚を伸ばした4番人気のジェラルディーナ、
3着は後方から豪快に追い込んだ3番人気のサンレイポケットでした。

直線を向いて先頭の時は…

我が本命の◎ショウナンバルディですが結果7着となりました。真ん中よりやや外7番枠からの好スタートで、逃げるが理想も同型の兼ね合いから内の同型馬を先に行かせ番手で1角へ。その1角では2番手の内に位置取り。道中は折り合いも付いてリズムに乗れた感じで逃げ馬の横目に流れに乗りました。4角で早めに前に取り付き直線へ。その直線では早め先頭で押切りを図るも…アッという間に後続に取りつかれそのままズルズル…と、無念でした。

屈腱炎の1年4ヶ月明けで重賞勝利!

予想的に1着のヴェルトライゼンデは、1年4ヶ月振りも何のそのでやはり闘って来た相手が違いましたね。2着のジェラルディーナは人気馬で来たら仕方ないで切ったのだが良い追い上げでしたね。3着のサンレイポケットは予想段階で1番人気だったので来たら仕方ないで切ったが終わってみれば3番人気!?という事で入れ替わりの激しい人気でしたね。3連単は12,620円と10頭立てでほぼ人気どころで決まってしまい配当妙味はありませんでした。しかしヴェルトライゼンデは強い勝ち方で、脚元が大丈夫なら今後重賞での活躍を期待したくなります!そして10頭ながら人気馬を複数切り、穴馬を3頭入れてみた予想は無謀で残念ながら予想はハズレました。

明日は安田記念(G1)ですね。正直想定していた人気順がだいぶ違う…そして当日も人気は変わりそうだし…切る切らないに変化が出てしまったが、好予想に繋がればと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました