【POG】ドゥラメンテ産駒で母ヤンキーローズの2020となるリバティアイランドの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

オーストラリア産で良血の2番仔ですね。父はドゥラメンテで母ヤンキーローズの2020となるリバティアイランドをご紹介したいと思います。

リバティアイランドのプロフィール

馬名:リバティアイランド(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:中内田師
募集額:4,000万円
生産:ノーザンファーム
父:ドゥラメンテ
母:ヤンキーローズ
母父:オールアメリカン
デビュー予定日:2022年7月30日(土) 新潟 芝1600m
鞍上予定:川田ジョッキー

先週は産駒勝利なし…

父はドゥラメンテとなり、先週の新馬戦には3頭出走しショウナンアキドンが2着にドゥーラが4着、そして国枝調教師もあり期待された4番人気パルピターレはよもやの最下位10着。また、未勝利戦には出走馬はおらず産駒として勝鞍を挙げる事ができませんでした。ただ残念ながら勝ち星はなくも、新馬戦で2番人気に推されたショウナンアキドンが、最後直線で差し切ると思いましたが勝ったレッドソリッドの粘り強く2着。次走の好走確率が高そうな印象のレースだったので産駒としても是非頑張って欲しいですね。

母は豪州でG1・2勝馬

母はヤンキーローズでオーストラリア産のオールアメリカン産駒。現役時は、スプリングチャンピオンとサイアーズプロデュースSのG1・2勝馬。またゴールデンスリッパーSやフライトSのG1でも2着、コックスプレートのG1で3着等の実績を残し通算10戦4勝で引退から繁殖へ。その繁殖生活は、2019産であの金子氏が2億1,000万円で落札したロムネヤ(父ディープインパクト/牝馬)が新馬勝ち後思うような結果が出てない状況だが繁殖として楽しみな私。また、2番仔がこの2020産となり、3番仔の2021はロードカナロアを配合されており3億7,000万円でダノックスが落札と超が付くほどの高額落札となりました。

川田ジョッキー×中内田調教師

そんな中、2番仔のドゥラメンテを配合されたリバティアイランドが今週末のデビューを予定しております。預託先は最近あまり目立たない?中内田師となり、デビュー戦が30日(土)の新潟芝1600mで鞍上は川田ジョッキーを確保と期待度の高さが伺われます。そのデビュー戦にはデムーロジョッキー騎乗のフィッシュポンド(父ロードカナロア)もスタンバイしてますが、負けじと調教でも魅せる完成度の高さでロムネヤ同様、新馬から期待という感じですね。川田ジョッキー×中内田調教のコンビ、そしてこの血統から大物が出る可能性は高そうですし初戦からどんな走りを魅せてくれるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました