【ダービー卿チャレンジトロフィー】オーストラリア血統のキャンベルジュニア

どうも、あっぷるです。

今週末はほぼG1と思えるメンバーが出走する産経大阪杯に目が行くと思いますが、
穴馬券的にはダービー卿チャレンジトロフィーの方が魅力的です。

その中で、

馬名:キャンベルジュニア
戦績:6戦4勝
馬主:吉田和美氏
管理:堀師
父:エンコスタデラゴ
母:メリート
母父:リダウツチョイス

は人気しちゃうのかな?

オーストラリア産となり、血統的にもオーストラリアではハイレベルですよね。
南半球産となれば日本より半年遅れで生まれてくるだけに成長も遅く、
育成は難しいと思いますが、キンシャサノキセキをG1馬に導いた堀師であれば
この馬もひょっとしたら!?と思わせる1頭ですよね。

3走前の重賞では15着と敗退しましたが、
54キロの斤量に川田Jを確保したあたりは堀師もかなり期待してる!?

サトノアラジンやダッシングブレイズ、ロゴタイプ辺りがいますので
1、2番人気にはならないと思いますが穴的な人気であれば狙ってみたいですね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする