【チャンピオンズカップ】2016年フェブラリーSの覇者となるモーニンの取り捨ては!?

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

今週末のG1、チャンピオンズカップの出走馬を検証していますが、
ホッコータルマエゴールドドリームに続き、モーニンを検証したいと思います。

その『モーニン』ですが今年のフェブラリーSの覇者で、
僅か生涯7戦目でG1を制すという素晴らしい結果を出しました。
この時点で今年のダート路線では主役を張るかと思いきや!?…

その後、あの勢いはどこへやら!?と、
船橋のかしわ記念でコパノリッキーに2秒差の7着と完敗、
日本テレビ盃で今回1番人気になりそうなアウォーディーに、
2キロ重い斤量でアタマ差の2着で復活をアピールするも、
前走武蔵野Sでは斤量59キロで内にモタれ、
揉まれ弱そうな面を見せてましたが、勝ち馬タガノトネールに1秒差の7着で完敗。

前走は真剣に走ってないというコメントも出てますし、
斤量を背負わされてるのはあるとも思うが、
やはり想定外のJBCで除外が尾を引いた感じでしょうか?

そして今回このチャンピオンズCに矛先を向けてきましたが、
鞍上はフェブラリーSを制したデムーロJではなく、
同馬に3戦連続騎乗となる戸崎Jですね。

今秋のG1でかなり精彩を欠いてる感じだが、
2走前の斤量と結果からここでも通用するはずで、
そろそろ一発があってもおかしくない。

現時点では馬券圏内の可能性は半信半疑ですが、
結果がどう出るか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする