2016年 チャンピオンズカップ 予想&結果 あっぷる

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

大外郷愁の◎本命カフジテイクでゴール前大きな夢を見た私でしたが…
そんな私の予想は、

◎ ①カフジテイク 4着(11番人気)
G1でほぼ最後方の位置からあの末脚が通用するかは未知だが、
これこそ一発を期待したい未知の魅力のある1頭で馬券圏内で期待する。

○ ⑧サウンドトゥルー 1着(6番人気)
距離、コース共に馬券圏内パーフェクトだけではなく、
昨年の東京大賞典ではホッコータルマエを完全に封じた勝利。
馬券圏内で期待してみる。

▲ ⑪コパノリッキー 13着(3番人気)
2年前が出遅れでジエンド、昨年がハイペースで失速、
今年のメンバー構成なら今度こそ自身のペースで走れそう。
この予想をしてる時点で4番人気で個人的にノンコノユメより信頼度がある。
ルメールJがまたか!?といった結果を期待する。

△ ②アウォーディー 2着(1番人気)
ダート転向6連勝で一気に頂点を狙いにきたのは、
来年のドバイへの選出の為にここは是が非でも勝っておきたいところ。
2週連続G1勝利は!?となるが武(豊)Jの勢いにも素直に期待する。

× ⑫ゴールドドリーム 12着(2番人気)
前走でも言ったが3歳馬の中では1番強いと思ってるが、
休み明けで古馬相手に2着を確保。引き続きデムーロJはプラスで、
左回りに距離と条件が揃っただけに期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線3頭の競り合いから一気に差し切った6番人気のサウンドトゥルー、
2着は残り僅かで先頭抜け出すも粘った1番人気のアウォーディー、
3着は内から抜け出してた10番人気のアスカノロマンでした。

我が本命の◎ですが結果4着となりました。
スタートが若干出負け気味はともかく4コーナーで、
勝ち馬サウンドトゥルーは内の進路へ、
そしてカフジテイクは大外を回った差が最後に響いたと感じました。
ただ、このメンバーで上がり2位の脚を使って4着は相当立派。
ここで3着に入ってくれれば的中しており配当がかなりよかったのですが、
たらればは禁物。今後はきっと人気するでしょうね…><

馬券的には…はい、サウンドトゥルーもアウォーディーも持ってます。
大外から強襲のカフジテイクの伸びをしりつつ、
内にはアスカノロマンが残り、配当がそれでも3連単8万ですが、
ホント悔しい、ホント悔しい…けどどうにもなりません残念でした。

来週は大好きな2歳戦ですし的中に向けて頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

「プロ予想家がそのままベタ買い」

そんな競馬データがあることを知っていますか?

この競馬データは、
プロの3倍の的中率を叩き出す
ハチャメチャな競馬データ。

菊花賞で勝ちたいと思うなら、
この競馬データをみないでどうするの?

↓もちろん無料↓
※無料公開中※

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    プロ予想家がベタ買い?
  ホントにそんなに当たってんの?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

もちろんです。

今月の毎日王冠も5番人気のサトノアラジンの
好走を見抜き、ズバっと的中。

これだけじゃありません。
過去3年間の平均的中率はこの通り。

  
\三連単37.2% 馬単58.3% 単勝83.3%/

ね?
素性のわからない予想家の予想より、
新聞をみて予想するより、
よっぽど当たってますよね?

こんな神データがなんと月額1,980円で見放題。

たったの1,980円で、
あなたも今週末からすぐに

  “三連単を3回に1回的中”させて
  万馬券を量産することができます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今の予想法で月に何回、
   三連単を的中させてますか?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

新聞に1日500円かけたら、月に4,000円。

あなたは月に4,000円かけて、
月に何回三連単を的中できますか?

この競馬データ、9月は126レースも
三連単を的中させています。

新聞の半額の、わずか1,980円でこの結果です。

あなたは新聞を使って、
126レース以上当てる自信ありますか?

「ない」と答えたあなた、
この実力を自分のものにしたくありませんか?

特別に今なら無料で最大18レース分のデータを公開中です。
つまり、すぐにこの圧倒的な実力を試せます。

今すぐ登録してください!

▼プロがベタ買いする競馬データを無料公開中▼
※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする