2017年 フェブラリーステークス(G1)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

中央競馬でのダートG1競走は2つのみ。
ダート路線の王者を決める重要な一戦だ。
年末のチャンピオンズC(中京1800m)からフェブラリーS(東京1600m)に舞台を替えてのダート王者決定戦。

東京ダート1600mはスタートしてから「芝コース」を走る。
この「芝の部分」は外枠ほど長く、内枠が短い。
行き脚がつき易い芝の部分を長く走れる外枠が有利とされている。
が、逆に苦手な馬もいるんだよね。

そんなオレの予想は…。

◎[3番]ゴールドドリーム
3歳の昨年、同舞台の東京ダート1600mのユニコーンS(G3)勝ち。
秋にも同舞台の武蔵野S(G3)で2着。
紐解くと、このふたつの重賞で「連対した3歳馬」は過去に2頭しかいない。
2005年のカネヒキリと2015年のノンコノユメだ。
特に強力な古馬との対戦になる武蔵野Sで連対することは簡単にはできない芸当だ。
前走のチャンピオンズC(G1)はイレ込みがキツく、掛かり気味に先行。
前めに行った馬には厳しい展開、12着の大惨敗は当然の結果だろう。
得意舞台で仕切り直し、新ダート王の座に就く!

◯[9番]ベストウォーリア
2014年「13着」→2015年「3着」→2016年「4着」→今年で4年連続での参戦。
ここ2年は勝てないまでも掲示板を確保し、実力馬らしい走りは見せている。
そんな前2年は「休み明けぶっつけ」で本番の臨戦過程だった。
今年は58kgのハンデを背負ってでも前哨戦の根岸S(G3)を敢えて使ってきた。
結果はカフジテイクの決め手に屈したが、3着には2馬身半差をつけている。
レース内容も好位直後から脚を伸ばす安定感のある走り、改めてセンスの良さと実力を証明した。
ひと叩きして本番の今年は前2年以上の状態は間違いない。
「4度目の正直」で悲願の中央G1制覇だ!

▲[11番]ノンコノユメ
昨年の同レース2着馬。
帝王賞(Jp1)2着後、4ヶ月の休養中に「去勢手術」に踏み切る。
流石に休養明け初戦は馬体重も大きく減らしてしまったが、大崩れしなかった。
年末のチャンピオンズC(G1)→東京大賞典(G1)は人気以上に走れなかったが、ようやく馬体も安定してきた様子。
先週まで2週続けて強い調教、今週は軽めで馬のペースに任せる調整。
東京ダートはオール馬券対象の(4.1.1.0)だ。
昨年の借りを返す!

注[6番]モーニン
昨年の同レース覇者。
その後は悉く期待を裏切り続けている現状だ。
血統的にも本質は「マイル以下」がベストディスタンスだろう。
前々走の武蔵野S(G3)は1番人気ながら7着敗退は道悪でのハンデ59kgが響いた。
更に距離を伸ばした年末のチャンピオンズC(G1)7着から距離短縮でぶっつけ本番。
坂路調教で好時計を出すも、上がってきて直ぐに息が入ったらしく「ここ2走同様にまだ本気で走ってない」という情報がある。
この中間はメンコをつけて気持ちにメリハリをつけてきたらしい。
陣営としては内めの枠に入るのが理想だったようだが、鞍上ムーアならそんな事は憂鬱に終わる!

△[1番]サウンドトゥルー
2016年チャンピオンズC(G1)を上がり最速で差し切り勝ち。
飛ぶ鳥を落とす勢いだった「アウォーディー」をタイム差なしで競り負かし、G1ホースに上り詰めた。
今回、各紙で挙げられている不安要素は「芝スタート」と「距離短縮」のふたつ。
確かに芝スタートを使うのは2015年のアハルテケS以来であり、実に1年8ヶ月振りだ。
テンに置かれる可能性はゼロではないが、この1番枠がカバーしてくれないか。
とはいえ、東京ダート実績は(4.3.5.6)と極端に相性が悪い訳でもない。
主戦の大野が騎乗停止、ベテランのヨシトミさんに託された。
最後の末脚は堅実!昨年の最優秀ダートホースをナメんじゃねぇ!

【3連複5頭BOX】
[1番][3番][6番][9番][11番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1  着 ◎[3番]ゴールドドリーム
2  着 ◯[9番]ベストウォーリア
7  着 ▲[11番]ノンコノユメ
8  着 △[1番]サウンドトゥルー
12着 注[6番]モーニン

◎③ゴールドドリームと◯⑨ベストウォーリア。
3着に「消し」の⑩カフジテイクがヌケの結末…。(ちと無謀だったか)
③⑨の馬連複でも14.7倍。

▲⑪ノンコノユメはもうちょっと前めで進めて欲しかった。
去勢の影響か以前ほど斬れる脚がない。
△①サウンドトゥルーのヨシトミさんはそのまま内に行かず、意図的に外めに出して⑩カフジテイクに併せにいったのか?。
それが良かったのか悪かったのか…一気に突き離された。
注⑥モーニンはヲワタかもな。

何だか昨日と似たような着順。
もったいねぇ買い方しちまったわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年間連続プラス収支を達成している競馬データをお届けします。

脅威の的中精度で、頑張らなくても
自然にプラス収支が簡単に目指せる
↓最新競馬データを無料で見る↓
※無料公開中※
—————————–

どんな競馬データなのかをお話しする前に、
まずは直近の的中実績をみてください。

6月 3日 東京 1R  82,490円 的中
6月 2日 東京 7R  22,980円 的中
5月27日 東京12R 197,190円 的中
5月26日 京都 6R 176,080円 的中
5月20日 新潟 8R  53,110円 的中
5月19日 京都10R  62,510円 的中
5月13日 京都 7R  82,080円 的中
5月12日 新潟10R 139,290円 的中

的中が多すぎて全てを載せる事ができません。

なぜなら、この競馬データをみれば、
なにも悩むことなく1日平均10レースも
3連単を的中させることが出来るのですから。

的中率でいうなら、【約40%】

つまり、この競馬データを知ったあなたの競馬は
3連単が3回に1回的中するようになります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬で最も難しい3連単がこんなに当たるなんて、
簡単には信じられないことでしょう。

なので、サイト内に過去3年間で的中したレースも、
不的中のレースも全て公開しています。

ぜひ、あなた自身の目で確かめてみてください。

3年間ずっとプラス収支を達成しているという
言葉に嘘偽りがないことがわかるはずです。

↓最新競馬データを無料で見る↓
※無料公開中※

ここまで読んで、今あなたは、
二つの疑惑が浮かんだかもしれません。

・ガチガチの堅い予想なんじゃないの?
・購入点数が200点も300点もあるんじゃないの?

私はこの二つの可能性について、
声を大にして<否定>します。

上で紹介した実績をみてください。
堅い予想では10万馬券はとれません。

そして、サイトでこれまでの実績をみてください。
3連単の場合、36点~60点で的中が狙えるということに
気が付くでしょう。

まとめると、

・3連単が3回に1回的中できる
・穴馬も的確にとらえて、10万馬券を演出
・点数は36点~60点でOK

こんな競馬データをお届けします。
無料でためすことができるので
まずは使ってみてください。

↓  1日最大18レースの    ↓
↓ データが無料で見られます  ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする