2016年 小倉記念【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の壱]

意外と1番人気がコケることが多いレースで現在10連敗中。
2番人気の信頼度も低く、揃って連対を外したケースが6回もある!
過去10年では6番人気以下が4勝、2着が4回。
ハンデ戦らしく、一筋縄では収まらんか。

そんなオレの予想は…。

◎[4番]アングライフェン
春先の重賞2戦は人気もさほど無かったが、どちらも二桁着順。
だが、中日新聞杯は「12着」とはいえ、団子状の一角。
勝ち馬から僅か0秒3差!
「 ん?12着ですよ?」どれだけ激戦だったんじゃ。
新潟大賞典も大敗したが、馬自身は『重賞のペース』に着実に慣れてきているはず。
その後の降級初戦のジューンSは差し届かずの4着。
前走マレーシアCは「あまりにペースが遅く、馬が自分で行った」形での押し切り勝ち。
以前なら「遅すぎてかかる」パターンだが、重賞でモマれた経験が活きたのだろう。
今回は輸送減りを考慮し、事前(29日)に小倉入り、万全の状態でレースに臨む。
『重賞仕様』になっている今なら、再昇級初戦でも好走可能だ!

○[5番]ベルーフ
中山金杯での「放馬」による負傷で競走除外。
ウイナーズサークル乱入、表彰台を蹴り飛ばし破壊、カメラマンの集団に突進して機材を破壊…。
別名「破壊王」か(笑)
この一件から少々リズムが狂ってしまった感は否めない。
が、この中間は立て直しを図り、ハードトレーニングを敢行。
自己ベストを連発し、一杯に追われて伸びも上々。
完全に復調していると見て良いだろう。
放馬事件以降の3戦は馬券圏内を外しているが勝ち馬との着差は…。
日経新春杯 0秒4差の5着
小倉大賞典 0秒2差の6着
新潟大賞典 1秒差の9着(太め残り)
と、それほど大きな差は無い。
昨年は皐月賞からこのレースに駒を進めて2着に健闘。
コース相性的には問題なし、完全復活を遂げるには絶好の舞台だ!

▲[1番]サトノラーゼン
日本ダービー2着馬だった同馬は現4歳世代の2番手?
当時の世代頂点に立ったドゥラメンテは既に引退…。
となれば『現役4歳馬の頂点』と言っては大袈裟か(笑)
ダービー以降の2戦はセントライト記念→菊花賞でキタサンブラックに完敗。
今年に入っての2戦は共に二桁着順とサッパリ影を落とした格好だ。
「元々、気難しい馬で、馬場が気に入らなかったり揉まれたりするとあまり良くない」らしい。
馬柱を見てもわかるとおり菊花賞後は休み休みでの出走。
だが、今回の休み明けは様子が違うようだ。
この中間は岩田が乗って感触を確かめ、11秒台の好時計連発でかなり上機嫌だったとか。
今年ナント「未だ重賞未勝利」の岩田、実績馬と共に復活の狼煙を上げる!

注[11番]ダコール
通算獲得賞金 3億2200万円はメンバーダントツ。
だが、意外にも重賞勝ち鞍は「新潟大賞典」のみ(笑)
もはやトップハンデ58kgが『普通』になりつつある。
年明けは日経新春杯から始動し、4戦消化。
その4戦全てを58kgで出走し、4着→2着→4着→2着と好走。
今年も既に2度の重賞連対を果たし、本賞金を上乗せしている。
にもかかわらず、今回も引き続き据え置きの58kgだ。
結構なハンデキャッパー泣かせである(笑)
体調も相変わらず好調、(2.3.1.2)と得意の小倉と今回も好走は間違いない!
気になる点は「今日は伏兵扱いになってない」ということぐらいか。

△[8番]テイエムイナズマ
前々走のマイラーズCは高速馬場で出負け。
前走のメイSは府中のスローで行きたくもないハナに「押し出される」格好に。
この2戦は力負けというよりは「噛み合わなかった」感じ。
で、前走後にリフレッシュ放牧に出したことが効果テキメン!
馬体回復、歩様も硬さが取れて攻めの調教が出来ていると。
久々の2000m戦だが、皐月賞とダービーは共に「6着」と走れなくもない?。
2000m超実績(0.0.0.5)では強調材料ゼロだよね。
元々、前で引っ張ってくれる馬がいた方が競馬がし易いタイプ。
今回は絶好のペースメーカーがお隣さんだ(笑)
先行馬も多数、前に壁がつくれるメンバー構成も理想的。
早め先頭から抜け出す競馬で一発がある!

【3連複5頭BOX】
[1番][4番][5番][8番][11番]
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
2着 ○[5番]ベルーフ
4着 注[11番]ダコール
6着 △[8番]テイエムイナズマ
7着 ▲[1番]サトノラーゼン
9着 ◎[4番]アングライフェン

人気馬総崩れ…。
忘れた頃の「社台RH」で1着&3着。

しかし、走破タイムが「2分」ジャストってどうなの?
展開でどうにでもなるパターンだわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする