「見える人」

あてたろうです。

日刊ゲンダイに興味深い記事が掲載されていたので一部抜粋しました。
コラムを書かれたのは「甲斐谷 忍さん」という漫画家の方です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

“相馬眼を持つ人”と言えば、マイネル・コスモ軍団の総帥「岡田繁幸氏」というのは周知のとおり。
総帥の場合、馬の「造りやバランス」を重点に見て、走るか走らないかを判断している事が多い。
この総帥以外にもう一人「見える人」がいる。

それは「吉田照哉氏」だ。

吉田照哉氏が社長を務める「社台ファーム」の生産馬はひとつのレースに複数の馬が出走することが多い。
照哉氏の場合、総帥と違う点は「調子の良し悪しを見極める目」があるところのようだ。

パドックで照哉氏が「どの馬に視線を送っているか」に注目すれば、自ずと勝ち馬が見えてくる?(笑)
視線を送る回数が多かったり、ずーっと追いかけたりしている馬が「その中で一番気になる馬」だと判断できる。と。

社台ファーム生産馬の取り捨てに迷う時は”照哉チェック”を一身に受けた馬を買え!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

というのが記事を書かれた甲斐谷さんの見解のようだ。

確かに…それも一理あると思う。
「社台推し」のオレとしても共感できる部分はある。
ただし、我々”庶民”としてはテレビ画面を観ている限りで、その状況を伺い知ることは出来ない。
現場(競馬場)に出向いて、パドックで照哉氏を見つけることさえ至難のワザかもしれん(汗)

オレ自身も長く競馬を楽しんでいるうちに「社台ファーム生産馬の”ある事”」に気づいた。
「走る馬の条件(法則)がある」ことに!
特に2歳もしくは3歳TRで威力を発揮することがあるのだ!
(因みにコレはオレの勝手な思い込みだからね)
とはいえ、この法則に合致する馬が以前に比べて出走が少ない…
現れたとしても「不発」が多いんだけどね(笑)

ということで、今回はここまで。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする