2014年 矢作調教師の全国リーディングトレーナー受賞も重賞未勝利

どうも、あっぷるです。

昨年、28日の開催で2014年の全日程を終えたが
調教師部門の全国リーディング争いは矢作調教師が受賞した。

今になって気付いた事だが、勝利数54勝の内、何と重賞を1勝もなしで
全国リーディングを取れた事はある意味凄いですね。
2位の藤沢師は重賞4勝(スピルバーグでG1を1勝)、
3位の角居師は重賞11勝(ラキシス、エピファネイアでG1を2勝)

ちなみに出走回数が523の矢作師に対して2位の藤沢師は312ですか。
勝率は矢作師が0.103、連対率が0.164に対して、
藤沢師は勝率が0.170、連対率0,317とここを比べると面白いですね^^;

今年の目標が全国リーディング獲得だった事を踏まえ、
賞金どうこうの前に勝てるレースを選んだ結果?
もしくは出走回数で他厩舎より勝った結果?
どちらでも間違ってはないが結果、目標のリーディングを取ったのだから
それはそれで素晴らしい事ですね。
馬主から預かってる馬で故障馬をなるべく出さず
勝たせるという事も大事ですからね。

昨年の結果から今年は厩舎全体の底上げになったと思うので、
重賞やG1勝利馬が出る事を期待したいですね。
そしてやはりファンは名馬を出してもらう事も願いたいですね。

最後に決して否定してる訳ではなく悪しからず。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする