2017年 日経新春杯(G2)【あてたろう】予想とレース回顧 【的中】

今日のあてたろう予想!

降雪に見舞われた15日の京都競馬の代替開催。
中止決定後、関西馬は栗東へUターン。
関東馬は競馬場滞在ってことか。
当然、日曜日をピークに仕上げて挑むはずだったが…。
これが吉と出るか、それとも波乱を呼ぶ要因となるのか。

そんなオレの予想は…。

◎[5番]ミッキーロケット
G2神戸新聞杯はのちにG1を2勝するサトノダイヤモンドを負かしに行く攻めの競馬。
結果はタイム差なしの2着に惜敗。
因みにサトノダイヤモンドが2着とタイム差なしだったのは全戦績の中で「2回」ある。
その1回は同馬が接戦した神戸新聞杯。
あと1回は昨年末に有馬記念で接戦を演じたキタサンブラックだ。
強い4歳世代、強い菊花賞組を信頼する!

◯[7番]カフジプリンス
昨秋は神戸新聞杯4着、菊花賞8着と善戦止まり。
その2戦の勝ち馬サトノダイヤモンドとは0秒5と0秒9差。
重賞の壁に跳ね返された秋の2戦、その経験が生きたのが前走のグレイトフルSだ。
今回はハンデも手頃、パワー優先の京都芝もイメージ的に合う!

▲[8番]モンドインテロ
これまで重賞出走機会は4回。
6着、5着、4着、3着と常にあと一歩が足らない歯がゆい状況。
だが、使うごとに着順は上がってきているのも事実だ。
京都2400mは2戦2勝の実績があり、相性は良い。
マイナス材料を挙げるとすれば…。
重賞ウイナーでもないのに若干背負わされた感のある56.5kgのハンデか。
ハンデは期待値の高さか?もうあとひと押しだ!

注[2番]ヤマカツライデン
昨年3月の阪神2400m、4歳500万下を逃げ切ったところから長距離に開眼した。
昨秋の丹頂Sで競り負かしたタマモベストプレイは先日、万葉Sを勝った。
前走のG2京都大賞典はタメ逃げをしたことが敗因だろう。
今回は後続を引き離して飛ばす可能性が高い!
枠順変更が功を奏す!

△[3番]シャケトラ
境港特別(3歳上1000万下)勝ちからの格上挑戦でメンバーが一気に強化される。
デビュー4戦全てで上がり最速をマークしているが、唯一負けた2走前がレースの上がり3Fが33秒台の高速決着。
エンジンのかかりが遅いタイプだけに、差し届かない場面も…。
パワーを要する馬場だと末が鈍る可能性も頭に入れておきたい。

【3連複5頭BOX】
[2番][3番][5番][7番][8番]

[3番]は差し届かず…の4着も想定し、[2番][5番][7番][8番]を本線とする。
資金配分は自己責任でね。

結果は…。
1着 ◎[5番]ミッキーロケット
2着 △[3番]シャケトラ
3着 ▲[8番]モンドインテロ
5着 ◯[7番]カフジプリンス
6着 注[2番]ヤマカツライデン

△③シャケトラはもっと後方からと思ったら…オレの見当違い(汗)
終始、5番手辺りで◎⑤ミッキーロケットをマーク。
結果的にその2頭の激戦だったわけだけど、最も激アツだったのが3着と4着の争い。

▲⑧モンドインテロのシュミノーがハナ差で残してくれて助かったわ。
既に今年一番の激アツだった(笑)

3連複で「13.3倍」と配分指示を間違ったけど、やむを得んか。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする