2017年 読売マイラーズカップ(G2)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![その壱]

過去の傾向から極端な大穴は出ないが、ソコソコ荒れるレース。
先の安田記念を最大目標としているメンバー、前哨戦とは言え「勝ちに来た」陣営も多い。

そんなオレの予想は…。

◎[7番]プロディガルサン
デビュー戦以来のマイルだった2走前の東京新聞杯(G3)ではクビ差の2着。
前走の金鯱賞(G2)は1角までにポジションを取りに行き、折り合いを欠いたもの。
長めの距離をメインに使ってきたが、現状は「マイラー寄り」になってきたか。
クラス再編成で4歳馬の本賞金が半減され、現賞金では「安田記念」への出走が危うい。
何としても1着で優先出走権を!

◯[4番]エアスピネル
前走の東京新聞杯(G3)は超のつくスローペース。
勝ち馬が逃げ切れる展開、終始中団にいた同馬の位置取り。
上がり32秒3の鬼脚を駆使しても厳しかった。
常に堅実な走りを見せている同馬だが、おもしろい事実があるのだ。
京都、阪神、東京、中山と4競馬場を経験している。
しかし、各競馬場での馬券圏内率は高いが「京都以外」では終いが甘い印象。
その要因は直線の坂の有無だ。
仮にスロー展開でも、舞台替わって得意の京都なら!

▲[3番]フィエロ
本競走は今年で4年連続の出走、過去3回は2着→3着→4着。
(年を追うごとに着順オチてんな笑)
だが、この背景には最初の年が中3週での参戦、前2年は香港遠征帰りの休み明けだった。
今年は高松宮記念(G1)を使っての中3週、しかも初の1200mで健闘の5着。
古豪ながら、終いの脚もまだまだ健在、56kgで出走できるのも魅力だ。
得意のマイルに戻って一変する!

注[11番]イスラボニータ
2014年の皐月賞馬。
意外にも同年のセントライト記念を最後に勝利から遠ざかっている。
しかし、決して「スランプ」だった訳ではない。
昨秋は休み明けの富士S(G3)から3戦して連続「2着」だ。
今回は入厩パターンを変えるなどポテンシャルを100%発揮させるための手を打ってきたようだ。
しかし、実績断然の同馬も「高速決着」が苦手なタイプではないか。
マイルを既に6回走りながら、持ち時計「1分33秒0」は他馬と比較すると…。
地力でどこまで。

△[8番]ブラックスピネル
カンニング竹山さんが一口馬主の同馬。
年明け初戦だった2走前の京都金杯(G3)では、エアスピネルとタイム差なしの接戦で2着。
前走の東京新聞杯(G3)は意表を突くこれまでとは間逆の戦法で逃げ切った。
それでいて、上がり3Fを32秒7で行き切られては後続は届くはずもナイ。
鞍上のファインプレーが光る内容だった。
ただし、この2戦は「恵まれた印象」だった感もある。
今回は斤量の差もなく、同じような結果が出せるか。

【3連複 軸1頭ながし】多くは買えん。6点勝負!
[7番]→[3番][4番][8番][11番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 注[11番]イスラボニータ
2着 ◯[4番]エアスピネル
4着 △[8番]ブラックスピネル
6着 ▲[3番]フィエロ
7着 ◎[7番]プロディガルサン

1頭軸に指名した馬が7着では…お話にならんわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする