2017年 テレビ東京杯 青葉賞(G2)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

日本ダービーまであと1ヶ月ほど。
本番と同じ距離コースで行われる貴重なトライアル競走だ。
1着~2着馬には優先出走権が与えられる。
しかし、「ナゼか本番と直結しない」のが本競走の特徴と毎年感じるわ。
そもそも
「日本ダービーに出走することが目標なのか」
「日本ダービーで勝ち負けすることが目標なのか」
見極めが重要だ。

そんなオレの予想は…。

◎[10番]アドミラブル
新馬戦の惨敗後、立て続けに連勝。
未勝利戦1800mを好時計勝ち、続くアザレア賞は2400mも楽々クリア。
ペースが緩んだ道中でも位置取りを上げれる操縦性能の高さを見せた。
また、そのアザレア賞でマークした数値は明日の天皇賞(春)に出走するシュヴァルグランが3歳秋に記録して以来だそうだ。
ディープ産駒らしい瞬発力は直線の長い東京でさらに生きてくる。
遅れてきた大物がダービーへの切符を掴む!

◯[12番]イブキ
前走の水仙賞は逃げて快勝。
陣営も以前から距離が延びてこそ本領を発揮してくれる馬と思っていたそうだ。
成長の余地を残す段階だが、更に1F延びるのも歓迎のクチだと。
今週の追い切りも古馬準OPを追いかけて併入と良い動きで現状の力を出せるデキに仕上がった。
スタートが速いため、前走は逃げる格好になっただけで特に注文はつかない。
道中、リズムよく運んで権利を獲る!

▲[9番]ベストアプローチ
弥生賞(G2)は勝負どころで前が詰まって動けず、惜しくも4着。
その時点で皐月賞は捨て、目標を日本ダービーに切り替えて調整。
ゆったり行けるこの距離条件も良さそうだ。
東京は2走前のセントポーリア賞で経験済みで速い上がりも使える。
変動が少ないタイプで体調は安定しているよう。
勝算がなければ出走させない藤原厩舎、鞍上 岩田で一発ある!

注[11番]トリコロールブルー
前走のスプリングS(G2)は外枠という枠順も影響し、外を回るロスが大きく響いた。
陣営の期待値が大きかっただけに、余計に凹んだ様子。
不完全燃焼ではあったが、勝ち馬とは0秒3差と終いを詰めてきたのは力のある証拠だろう。
左回りは2勝と(中京・東京)相性は良く、今週の追い切りも動いたようだ。
友道厩舎2頭出し、どちらの期待値が高いのか?
距離延長で見直す手、オレはコチラとみた!

△[5番]ダノンキングダム
前走の「ゆりかもめ賞」は未だ子供っぽいところがありながらも勝利。
このタイプは「相手が強くなった方が」能力を発揮できる。
要するに気を抜かせず、フワフワした面を出すヒマもないワケだ。
また、ステイゴールド産駒=中山のイメージだが、実は東京も得意としている。
スタミナと勝負根性はタフな東京でこそ武器になる。
前走と同舞台なら、2連勝でダービーへ駒を進める!

【3連複 軸1頭ながし】6点
[10番]→[5番][9番][11番][12番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 ◎[10番]アドミラブル
2着 ▲[9番]ベストアプローチ
6着 △[5番]ダノンキングダム
7着 注[11番]トリコロールブルー
8着 ◯[12番]イブキ

うーん。
いつもの1頭ヌケ。
ヨメのがアタマでダンナのが3着か…。

タイトルとURLをコピーしました