2002年の安田記念覇者でG1・2勝のアドマイヤコジーンが21歳で亡くなる…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

凄く残念なお知らせですが…
1998年の朝日杯3歳SをMロバーツJで制し、
2002年の安田記念はあの後藤Jで勝ったアドマイヤコジーンが、
死因は不明で6日に急死した様ですね。

馬名:アドマイヤコジーン(牡)
戦績:23戦6勝
馬主:近藤利一氏
管理:橋田師
父:コジーン
母:アドマイヤマカディ
母父:ノーザンテースト

代表産駒は、
アストンマーチャン 2007年のスプリンターズS(G1)
スノードラゴン 2014年のスプリンターズS(G1)
マジンプロスパー 重賞3勝

と、G1勝ち馬も輩出しましたね。

ただ、私の仲のドマイヤコジーンの印象は骨折後になかなか結果を出せなく、
2002年の安田記念(G1)を3年半振りに「後藤J」で制覇したことが凄く印象に残ってますね。
はい、ゴッティーファンの私としては本当に嬉しいG1勝ちの瞬間でした。

今年デビュー予定の2015産は3頭と少ないですが、
亡きアドマイヤコジーンの分も頑張って活躍してほしいですね!

そして、本当にお疲れ様でした。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする