2017年 毎日王冠(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

天皇賞・秋に向けここを始動戦に使う馬も多い、
G2の重賞戦となる毎日王冠が東京競馬場で行われます。
今年はシルバーステートの離脱が非常に残念ですがそれでも好メンバーが揃いました。
それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪東京競馬場 毎日王冠(G2) 芝1800メートル≫

ソウルスターリング:父フランケル×母父モンズーン ルメールJ

グレーターロンドン:父ディープインパクト×母父ドクターデヴィアス 田辺J

マカヒキ:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 内田J

サトノアラジン:父ディープインパクト×母父ストームキャット 川田J

リアルスティール:父ディープインパクト×母父ストームキャット デムーロJ

アストラエンブレム:父ダイワメジャー×母父ウォーエンブレム 戸崎J

ウインブライト:父ステイゴールド×母父アドマイヤコジーン 松岡J

ダイワキャグニー:父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス 北村(宏)J

ヒストリカル:父ディープインパクト×母父ノーザンテースト 田中(勝)J

ヤングマンパワー:父スニッツェル×母父サンデーサイレンス 石橋(脩)J

ワンアンドオンリー:父ハーツクライ×母父タイキシャトル 横山(典)J

と、なってますね。

残念ながら頭数がフルゲート18頭に11頭と寂しい頭数ですが、
中身は濃いのは間違いない…って、よくよく見たら、
11頭中5頭がディープインパクト産駒ですかwww

はい、1番人気は…オークス馬となったソウルスターリングでしょうか?
グレーターロンドンやリアルスティール、マカヒキも上位人気必至でしょうし、
アストラエンブレムやサトノアラジンもいますので人気は割れそうで、
正直人気が読めない組み合わせですね。

ただ、注目はやはりオークスを制し同世代の秋華賞へ向かうと思きや、
ここから始動し天皇賞・秋へ早くも参戦と公言していたソウルスターリングですね。
斤量も53キロでフランケル産駒と通用するのか楽しみではあります。

前走の安田記念でようやくG1馬となったサトノアラジンですが、
天皇賞・秋への参戦を表明しておりますがこの1800mの内容次第で、
マイルCSに変更する可能性は…ないかな?個人的には2000mより1600mの方が…^^;

どの馬が勝つのか本当にわからないメンバーで予想も難解ですが、
的中を目指して頑張ります!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする