【菊花賞(G1)】日本ダービー1、2、3着馬が不在に皐月賞アルアインがセントライト記念で完敗…波乱必至!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

はい、秋華賞ではこの様な感じで『波乱必至!?』とブログを書きましたが、
結果的に堅めの結果で終わってしまいましたね^^;

菊花賞こそ…波乱必至でしょう!?
今年の日本ダービー1着馬のレイデオロは神戸新聞杯を勝った後は、
ジャパンカップへ直行、2着のスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯へ、
そして3着のアドミラブルは離脱という事で、
人気になりそうなのは1冠を獲った皐月賞馬のアルアインでしょうか…

そんなこんなで全頭3000mは未知の領域となりますが、
上位人気になりそうな馬をピックアップしたいと思います。

・アルアイン
父ディープインパクト×母父エッセンスオブドバイ
皐月賞馬はそもそも菊花賞と相性がなかなかのイメージですが、
個人的に最大のポイントは3000mは血統的に厳しくないか!?という点。
皐月賞で9番人気でしたがアルアインを本命にし勝利。
日本ダービーではこなせるか!?と思い予想に入れるも5着と、
皐月賞を制してしまいましたがやはりマイルがベストな気がしてならない…^^;

・サトノアーサー
父ディープインパクト×母父リダウツチョイス
日本ダービーで10着に崩れた以外は全てパーフェクト馬券圏内。
前走はレイデオロ相手に0.5秒差の3着と血統的にも力はありそうですが、
ただ、気になるのは掛かり癖…前走もかなり掛かってた中で3000mは…
それと日本ダービー後に池江師はもちろん菊花賞も視野にいれてたが、
天皇賞・秋も視野に入ってたのは距離的に厳しいんじゃないかな?^^;

・ブレスジャーニー
父バトルプラン×母父タニノギムレット
正直、この馬が未知過ぎてなりません…
重賞2連勝でサウジアラビアRCと東スポ2歳Sを制した後は
脚部不安で結局菊花賞ぶっつけという事に。
東スポ2歳では日本ダービー2着のスワーヴリチャードを破ってますし、
力的には興味津々ですが約1年近くの休み明けは怖いですね。
ただ血統的に母系は晩成と思われますが中距離だと思うんですよね…^^;

・キセキ
父ルーラーシップ×母父ディープインパクト
勝ち切れてないが上位陣と差のない競馬を続けてる印象で、
器用さを感じる点は魅力的ですね。
また、血統的に短距離向きが多く出る母系ですがこの配合なら中距離かなぁ?と、
個人的に思ってますがデムーロJの手腕が効いてきそうな気も…^^;

・ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ×母父ジャングルポケット
正直セントライト記念は驚愕と言っていいほどの勝ちっぷりだった且つ、
アルアインを凌ぐ最速の上りとオマケ付き。
また、血統的にも3000mは心配するほどのものでもないと思う。
個人的問題は横山(典)Jですが秋華賞ではアエロリットを結果飛ばしてしまった…
ここも上位人気になりそうだが何しでかすかわからないジョッキーだけに^^;

・ダンビュライト
父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンス
前走の神戸新聞杯でも賞金加算必須だったが4着と敗れるもギリギリ出走可能!?
8戦して新馬勝ちのみですが2戦目以降は全て重賞戦で勝ち切れないが、
G1 皐月賞で3着等力は魅せてますね。とはいえ前走は成長分を加味しても
プラス16キロは太かったか。叩き2戦目で上積みが見込めますし、
武(豊)Jでしょうし穴人気しそうな気がします^^;

※血統の評価は個人的な見解ですので悪しからずwww

とまぁ、このほかにもサトノクロニクルやトリコロールブルー、
日本ダービー4着のクリンチャーや未知の血統ベストアプローチ等もいます。
抽選馬の中にひょっとしたら長距離でこそ大化けする可能性もあります。

昨年はサトノダイヤモンドが勝てないといわれた、
ディープインパクト産駒で勝利しましたが今年もディープインパクト産駒か!?
それとも秋華賞で勢いに乗るハービンジャー産駒か!?って、1頭もいない^^;
どの産駒が菊花賞を制するのかも楽しみ。

私的には穴馬は決めてますが、
一応出走馬が決まってから改めて予想に入りたいですね。
今度こそ大波乱を期待したいところです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする