【アルテミスステークス】阪神JFへ向けウラヌスチャームやトーセンブレスが出走するが波乱は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は天皇賞・秋(G1)が俄然注目のレースになると思いますが、
2歳戦が好きな私としては、
2012年に施行された阪神JFへ向けての2歳牝馬限定の
アルテミスステークスにも注目したいところですね。

近3年で見ると、

2014年:1着ココロノアイ、2着レッツゴードンキ
2015年:1着デンコウアンジュ、2着メジャーエンブレム
2016年:1着リスグラシュー、2着フローレスマジック

と、その後G1馬や重賞好走馬が目立つレースで、
私毎ですが2105年の51万馬券をこのサイトで的中したのを思い出す^^;
昨年は堅かったが3年前は3連単13万馬券とという事で波乱は見込めそうですね。
はい、今年はというと…

馬名:ウラヌスチャーム(2歳・牝馬)
馬主:G1レーシング
管理:斎藤(誠)師
父:ルーラーシップ
母:アメジストリング
母父:フジキセキ
鞍上:戸崎J

は、新馬戦で後手を踏みながら上り32.0秒の末脚で、
ハナ差とはいえ強い内容。また、

馬名:トーセンブレス(2歳・牝馬)
馬主:島川氏
管理:加藤師
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
鞍上:ルメールJ

は、4角で後方から直線だけで豪快に差し切った末脚が強烈。
この2頭は前評判では人気しそうな感じですが、
馬場が渋ってどうかも考えないといけないですね。

次位に田辺Jのグランドピルエットや石橋(脩)Jのラッキーライラック、
国枝師=蛯名Jのダノングレースが続きそうないイメージですが、
個人的に5番人気以下なら気になるのは、

馬名:トロワゼトワル(2歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:安田師
父:ロードカナロア
母:セコンドピアット
母父:ハーツクライ
鞍上:福永J

父ロードカナロアはゆかりの厩舎となる安田師自身で管理した馬。
そのロードカナロア産駒としてトロワゼトワルが安田厩舎から初めてデビューし、、
見事中京の新馬戦を勝利した馬ですね。

その新馬内容ですが2着のレッドシャーロットが未勝利は勝ち上がるも、
500万下で3着でイマイチ推しきれないところもあるが、
休ませた成長分と初仔ではあるが母も2000mまで距離をこなし、
直線の長いコースは得意だった事から来ないかな?^^;

私の知り合いはディープインパクト産駒のラテュロス、
そしてもう一人の知り合いはスカーレットカラーと言ってましたね。
台風の影響はど真ん中ではなさそうですが馬場悪化をすれば、
予想も更に難しくなりますが的中させたいところですね!

本番が楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする