昨年の菊花賞(G1)を制し香港ヴァーズ(G1)で9着となったキセキは馬体回復もあり国内に専念へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨年の史上最悪とまで言われた極悪馬場で菊花賞(G1)を制したキセキですが、
続く香港ヴァーズ(G1)で9着に敗れました。
その後は、放牧中で馬体回復に努めてる状況でドバイ参戦はなし。
今年は大阪杯(G1)か天皇賞・春(G1)を目標に国内戦に専念するようですね。

馬名:キセキ(4歳・牡馬)
馬主:石川達絵氏
管理:角居師
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
G1勝利:菊花賞(2017年)

デビューが12月とやや遅めでクラシックの皐月賞と日本ダービーへの出走は、
権利が獲れず出走とはなりませんでしたが、
夏の充電期間が功を奏したかその後は古馬との対戦で勝利し、
菊花賞TRの神戸新聞杯でレイデオロに0.3秒差の2着に屈するも上りは最速。
続く、史上最悪の極悪馬場とまで言われた菊花賞で圧巻の強さを魅せG1初勝利。
そんな中、続く香港ヴァーズに向かったことが災いしたか、
結果的に9着と極悪馬場で且つ3000mが響いたか大敗を喫しました。

その後は放牧中ですが媒体回復が思う様に行ってない様で、
復帰が未定ではあるが目標は大阪杯か天皇賞・春と、
国内専念と角居師が公言してますね。

しかし2000mか3200mか?という事ですが、
この馬の適性はどっちだろうか?神戸新聞杯や菊花賞を見る限りは
距離伸びてよいのかなという印象だが、
2000mで1000万下の信濃特別でも最速の上りで2着に差を付ける勝利と、
距離はこちらの方が合いそうな気はしてる私^^;

種牡馬価値としたら大阪杯の方が分がありそうな気はするが、
角居師が言う適性を考えての参戦という事であれば天皇賞・春の方が賢明!?
何れにせよ媒体回復が最重要課題となってるだけに、
万全を喫して復帰してもらいたいですね。

また、セカンドキャリアへの取り組みが評価された事で、
「2017年度シチズン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した角居師。
2021年の2月で勇退という事が本当に本当に惜しいが、
残された期間、精一杯競馬界に、社会的に色々と貢献してもらいたいですね!

キセキの復帰戦が楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする