【秋華賞2018】次々と有力馬が回避し2冠馬アーモンドアイの3冠もほぼ確定的!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来月、10月14日(日)に行われるクラシック牝馬3冠の最終戦となる秋華賞(G1)ですが、
牝馬3冠をかけたアーモンドアイが3冠濃厚と言った感じでしょうか。
というのが有力馬が次々と離脱や回避となってますね…

先ずはラッキーライラックですがデビュー3連勝でG1阪神JFを制しました。
無傷の4連勝という立場で桜花賞で1番人気に支持されるもあのアーモンドアイに0.3秒差もつけられ2着。そして距離が伸びたオークスは前にいたリリーノーブルも差せず3着。
その後休養かたローズS指導のはずが球節に疲れが見え回避し秋華賞は直行となりました。

そしてリリーノーブルは阪神JF2着、桜花賞3着、オークス2着と実績を残してきました。
6戦全て3着内でこの世代の上位というのは間違いなく秋始動戦が楽しみでしたが…、
まさかの骨折が判明し秋華賞回避が決まりました。
あのアーモンドアイはともかく2歳女王のラッキーライラックには太刀打ちできる可能性を秘めてただけに…

マウレアですが阪神JF3着、桜花賞5着、オークス5着と安定した走りを魅せてました。
秋華賞へ向け初戦となる秋華賞TRの前走紫苑Sで1番人気に支持されるも2着に敗れましたが、
ゴール後に歩様が乱れた事で鞍上武(豊)Jは下馬しその後左前脚の捻挫と診断され、
秋華賞を回避する事がが決定的となりました。

ノームコアはフラワーCとフローラSで3着と春のクラシックには出走できませんでしたが、
最後の1冠秋華賞へ…という目論見から始動戦は紫苑Sとなりマウレアに0.5秒差をつける勝利と次走秋華賞での走りが期待されてましたが激走の反動か疲れが抜けないという事で
こちらも回避が決まり、次走はエリザベス女王杯へ向け調整をされる様ですね。

更にレッドサクヤですがエルフィンSを制し桜花賞7着で評価を落としましたが、
オークスではアーモンドアイには0.9秒差放されましたが4着と奮闘しました。
その後休養に入りラッキーライラックと同様、ローズSからの始動のはずが…
右前の靭帯炎で年内休養となりました。

何れにせよオークス2~5着が相次いで予定通りに行かず、
オークス6着のサトノワルキューレが大敗し、オークス7着パイオニアバイオも紫苑Sで4着と、
直行のアーモンドアイでも2冠の圧倒的な強さを魅せ付けられてるだけに、
これはかなり3冠は濃厚ではと思える流れ。
希望の光!?は、ラッキーライラックとローズSを快勝し鞍上が武(豊)Jで参戦が決まったカンタービレが果たしてどこまで迫れるか。そしてローズS2着で出走権を得たサラキアですが、
鞍上が池添Jと思ってたが引き続き短期免許で来日のモレイラJに乗り替わりが決まった様で個人的には納得がいかない乗り替わりだが…これで一発の可能性が更に上がった!?と言った感じでしょうか。

今年の秋華賞は波乱は期待できそうになく、穴党には微妙そうですね…^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする