【スプリンターズS(2018)】レッドファルクス、ファインニードル、レッツゴードンキ、ナックビーナスで決まり!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はスプリントG1となるスプリンターズステークス(G1)が中山競馬場で開催されます。
メンバーもかなり揃いましたが、デムーロJの騎乗停止などもありレース前から一波乱起きてます。個人的には大波乱を期待したいところですが、上位人気になりそうな馬をピックアップしてみました。

先ずは、

馬名:レッドファルクス(7歳・牡馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:尾関師
父:スウェプトオーヴァーボード
母:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
鞍上:戸崎ジョッキー
G1勝利:スプリンターズS(2016、2017年)

現在同レース2連覇中で2016、2017年を共に制したのは鞍上デムーロJでした。
G1の近2走ですが高松宮記念で1番人気で8着と安田記念は8番人気で9着で
安田記念は昨年3着もやはり距離の壁はこの馬には大きく感じました。
この2走を見れば切れるかな…と思ってた矢先鞍上はデムーロJに決まり
まだG1を獲れる力はあるのか…と思い返したところでした。
が…正直、デムーロJの騎乗停止は3連覇に向けては黄色信号。。。!?
そこで本番は急遽乗り替わりの戸崎Jに決まりました。
戸崎Jが空いてる事の方もこれまたビックリですが果たして手が合うのだろうか?…
ここは大きなポイントになりそうですが個人的には現時点で切る方向で考えてます^^;

続いては、

馬名:ファインニードル(5歳・牡馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:高橋(義)師
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:マークオブエスティーム
鞍上:川田ジョッキー
G1勝利:高松宮記念(2018年)

今年の高松宮記念記念馬が秋の始動戦のセントウルSはかなり強かった。
58キロのトップハンデも何のそので2着の53キロラブカンプーを圧倒する強さで勝利。
今回も主役に躍り出る気はしますし、順調にこのレースへ…と思いきや、
不安材料もいくつか…先ずはレース後に蕁麻疹が出て様です。
そして前走の重馬場の58キロで勝った反動は?更に過去3回の中山で11着、
1着、12着と2度の二桁着順はやはり気になりますね。
今の充実度なら…とも思いますが現時点では予想の候補には残しておこうと思ってます^^;

そして、

馬名:レッツゴードンキ(6歳・牝馬)
馬主:廣崎利洋HD
管理:梅田師
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母父:マーベラスサンデー
鞍上:岩田ジョッキー
G1勝利:桜花賞(2015年)

実に16回もG1に出走してる頑張り屋のレッツゴードンキ。
ことG1勝利はマイルの桜花賞というのも今の実績からは摩訶不思議だが、
スプリントG1に限ると高松宮記念2着2回、スプリンターズSを2着1回、
そしてダートの1200mでも2着の実績があるという今やスプリント戦の方が好結果を出せそう。前走が休み明けとはいえ案外で勝ち馬ナックビーナスに0.8秒差は頂けない。
が、使った上積みとG1の実績で馬券圏内としては魅力的で現時点で予想の候補に残します^^;

更に、

馬名:ナックビーナス(5歳・牝馬)
馬主:小松欣也氏
管理:杉浦師
父:ダイワメジャー
母:レディトゥプリーズ
母父:モアザンレディ
重賞勝利:キーンランドC(2018年)
鞍上:モレイラジョッキー

重賞、G1で勝ち切れなかった同馬が鞍上モレイラJに乗り替わった前走で
過去最高の着差となる2馬身1/2差をつけ重賞初制覇。
世界屈指のジョッキーが乗るとここまで結果が変わるか!?と思わせる結果でしたが、
引き続きモレイラJで参戦となるのも強みだがこの馬の強みはもう1つ。
中山コースで【3510】は驚異的な中山マイスターで今回はひょっとしたらひょっとするかも!?このメンバーでどこまで人気するかが未知ではあるが現時点で予想の候補に残したいですね^^;

そんなこんなで勝手ながら4頭ピックアップしましたが、
上位人気馬はなかなか切り辛いところですが予想では少しでも上位人気馬を切って
下位人気馬を入れたいと思ってます。

どんな結果となるか本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする