【スプリンターズS(2018)】ラッキーバブルズ、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、ラインスピリットは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末のスプリンターズS(G1)はメンバー的に目移りします。
そんな中で有力馬等に続き、未知の海外馬に穴馬になりそうな馬を検証したいと思います。
波乱を期待してる私ですが…それでは4頭を検証したいと思います。

先ずは、

馬名:ラッキーバブルズ(7歳・セ馬)
馬主:Lucky Syndicate氏
管理:K・ルイ師
父:セブリング
母:Bubble Below
母父:ヒューソネット
鞍上:プレブルジョッキー
G1勝利:チェアマンズスプリントプライズ(2017年)

香港の短距離界から非常に取り捨てが難しく軽くは扱えない1頭が参戦します。
G1は1勝のみですが2016年の香港スプリントではあのエアロヴェロシティにクビ差の2着、
そして同レースの2017年はレッツゴードンキとワンスインナムーンに先着と実績はありますが、共にホームでの競馬だけに日本の馬場になればまた未知になります。
鞍上は主戦のプレブルJですし、混沌とした日本のスプリント界であればひょっとする可能性もあり、迷ったら予想に入れておく方が無難な気もしますので現状は予想の候補に入れたいと思います^^;

続いては、

馬名:セイウンコウセイ(5歳・牡馬)
馬主:西山茂行氏
管理:上原師
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:カポウティ
G1勝利:高松宮記念(2017年)
鞍上:池添ジョッキー

昨年の高松宮記念馬ですが以降結果がなかなか出ず8戦目の前走ようやく函館SSを制しました。その鞍上がテン乗りの池添Jで継続騎乗でこの舞台へ参戦してきます。
昨年は3番人気に指示されながら11着と大敗を喫しましたが今年は重賞勝ちの勢いもあります。また、馬場が渋る様だと更に信頼度は増すのですがこのメンバーでどこまで!?
というのが本音で現状は予想から外す方向で考えています^^;

そして、

馬名:ダイメイプリンセス(5歳・牝馬)
馬主:宮本孝一氏
管理:森田(直)師
父:キングヘイロー
母:ダイメイダーク
母父:ダンスインザダーク
重賞勝利:アイビスサマーダッシュ(2018年)
鞍上:秋山ジョッキー

CBC賞で9着の後、直千のアイビスサマーダッシュで1番人気で初重賞勝利となりました。
続く前走が1200mに戻りCBC賞の結果から厳しと思いきや2着と連対した勢いでG1へ。
とはいえ、アレスバローズに2度完敗し平坦コースの方が合いそうで
且つレベルが更に上がるG1でどこまで…という事で現時点では予想から外す方向で考えてます^^;

最後に、

馬名:ラインスピリット(7歳・牡馬)
馬主:大澤繁昌氏
管理:松永(昌)師
父:スウェプトオーヴァーボード
母:リボンストライプ
母父:トニービン
鞍上:武(豊)ジョッキー

重賞勝利がなく、7走前いOPを勝った以降重賞で勝ち馬と差は僅かと善戦するも掲示板が精一杯。だが、4走前はムーンクエイクに0.2秒差、3走前セイウンコウセイに0.3秒差、
そして前走ファインニードルに0.4秒差と人気以上に走ってはいるものの勝ち切れない。
また鞍上が武(豊)Jに乗り替わりと不気味ではあるが今年の武(豊)Jは…
ハマれば馬券圏内の可能性も!?とも思うが現時点では予想から外す方向で考えてます^^;

という事で、4頭ピックアップしましたが、
未知のG1勝ちの外国馬に同短距離のG1馬も紹介しましたが目移りするメンバーだけに
取り捨てが難しい馬達ですね。まだ予想時間はありますので吟味しながら決めていきたいですね。

本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする