【POG】インヴィンシブルスピリット産駒で母ウオッカの2016となるタニノミッションの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今年も産駒がデビューを迎える事になりましたが突如来週末との事。
父がインヴィンシブルスピリットになり母は名牝ウオッカの2016となる、
タニノミッションを紹介したいと思います。

馬名:タニノミッション(2歳・牝馬)
馬主:谷水雄三氏
管理:中竹師
父:インヴィンシブルスピリット
母:ウオッカ
母父:ブライアンズタイム
デビュー予定日:2018年10月20日(土) 東京 芝1600m
鞍上予定:モレイラジョッキー

今年も名牝ウオッカの仔がとうとう出てきますか。
母は言わずと知れば超名牝のウオッカに父はインヴィンシブルスピリットと、
通算17戦7勝馬で7勝が全てスプリント戦でG1はスプリントカップの僅か1勝で、
フランケルやシーザスターズと比べるとかなり見劣りますが、
種牡馬として数多くの活躍馬を出してる人気の種牡馬ですね。

日本での代表産駒はイッテツが京阪杯で3着の実績もありながらOP勝ちをしておりますが、
仕上りが早そうなのは良いのですが今までのタニノアーバンシー、タニノフランケル等
2000m近くを中心に使ってる仔よりはマイル以下が中心になる可能性は大でしょうね。

母のウオッカの仔ですが、

2011:ボラーレ(シーザスターズ/牡馬)
2012:ケースバイケース(シーザスターズ/牝馬)
2013:タニノアーバンシー(シーザスターズ/牝馬)
2015:タニノフランケル(フランケル/牡馬)

と、何れも超大物級の種牡馬を配合してきましたが結果的に
タニノフランケルもタニノアーバンシーも重賞には出走できるものの
結果が全くついてこず期待された程の活躍馬が出ていないのが現状。
今回のタニノミッションは目先を変えてきたか、今までにない
短距離馬で種牡馬を成功したインヴィンシブルスピリットを配合したという事でしょうか。

日本を代表する母の血があればスプリンターというよりは、
1600mはともかく1800m~2000mらいまでこなせれば出走するレースもだいぶ変わります。
デビュー戦は東京の芝1600mと絶好の舞台でしょうし鞍上はモレイラJを確保、
そして陣営は『今までの仔の中で1番』と言わしめてます。
血統的にも仔が走って何らおかしくないだけにそろそろウオッカの仔は、
『〇〇』と言えるくらいの超大物が出てくる事を期待したいですね。

来週にはその実力が大半わかるでしょう。
今度こど母ウオッカの名に恥じない仔である事を期待し、
デビュー戦を楽しみにしたいと思います!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする