2018年 ファンタジーステークス(G3) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

次週の土曜、京都競馬場もG3の2歳戦となるファンタジーステークスが行われます。
が、、、こちらもフルゲート18頭に対して頭数が調べる限り8頭!?…
これも予想はケンをするか本当に迷うところですが、
それでは、出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 京都競馬場 ファンタジーステークス(G3) 芝1400メートル ≫

レッドベレーザ:父ディープインパクト×母父ミスターグリーリー CデムーロJ

レーヴドカナロア:父ロードカナロア×母父ハイエストオナー ルメールJ

ダノンファンタジー:父ディープインパクト×母父ノットフォーセール 川田J

ベルスール:父スウェプトオーヴァーボード×母父サンデーサイレンス 田辺J

ジュランビル:父キンシャサノキセキ×母父デピュティミニスター 和田J

ラブミーファイン:父ジャスタウェイ×母父アグネスデジタル 池添J

エレナレジーナ:父ノヴェリスト×母父ファルブラヴ 藤岡(康)J

カシノティーダ:父ケイホーム×母父シンボリクリスエス 高倉J

となってますね。

1番人気はルメールJの1戦1勝馬レーヴドカナロアでしょうか。
続くは短期免許で来日予定のCデムーロJ騎乗でこちらも1戦1勝のレッドベレーザかな?
そして新馬戦は既にクラシック有力馬ともいわれるグランアレグリアに0.3秒差で屈するも、
2歳未勝利戦できっちり結果を出した川田J騎乗のダノンファンタジーが続きそうですね。

その他は、新馬勝ちから挑む田辺J騎乗のベルスールや藤岡(康)J騎乗のエレナレジーナ、
新馬勝ち後にききょうステークスで3着となったジュランビル、
函館2歳ステークス2着馬のラブミーファイン、最後にキャリア5戦と豊富なカシノティーダ。

京王杯2歳ステークスに続き少頭数の模様…
当日はもう少し増える気もするのですが寂しい重賞戦となりそうですね。
こちらも波乱度が低そうで頭数も少ない為、予想はケンする可能性もあるので悪しからず。

でも、レッドベレーザVSレーヴドカナロアの対決は楽しみです!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする