【POG】グランプリボス産駒で母ストリートパレードの2016となるイワネコゴシキの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的に記憶に残ってる子は新馬勝ちをしたコウソクコーナーくらいでしょうか?
父はグランプリボスで母は〇外ストリートパレードの2016となるイワネコゴシキを紹介したいと思います。

馬名:イワネコゴシキ(2歳・牡馬)
馬主:丸山担氏
管理:小笠師
父:グランプリボス
母:〇外ストリートパレード
母父:シーキングザゴールド

正直あまり注目されてないとも思うが個人的には気になってる1頭。
母ストリートパレード自身は中央でデビューし通算2戦0勝で引退、
繁殖へ上がりましたが血統的にはG1スプリンターズS(1998年)を制したマイネルラヴの全妹
という事で久しぶりの牡馬に初の配合となるグランプリボスがハマれば…^^;

そのストリートパレードの仔ですが、

2006:ラビアンローズ(父スペシャルウィーク/牝馬)
2008:ストリートパレード2008(父キングヘイロー/牝馬)
2009:ヴァンクリフ(父タニノギムレット/牝馬)
2010:レッドタイフーン(父ダイワメジャー/牡馬)
2011:ストリートパレード2011(父ゴールドアリュール/牝馬)
2012:コウソクコーナー(父サクラバクシンオー/牝馬)
2013:プエルトプリンセサ(父キンシャサノキセキ/牝馬)
2014:パラシオプリンセサ(父カリズマティック/牝馬)
2015:プリメラプリンセサ(父カリズマティック/牝馬)

となってますが、代表産駒となるかですがコウソクコーナーが新馬勝ちをし、
OPのダリア賞とカンナSで2番人気に支持され共に4着で以降の活躍ができませんでした。
また、プエルトプリンセサは新馬戦から5戦連続4着で通算26戦2勝も
3歳までは掲示板確保の安定感のある走りで今は3歳1000万下の身が現状。

その他、ラビアンローズは通算4戦0勝で引退、繁殖へ。
ヴァンクリフは通算1戦0勝で登録抹消、レッドタイフーンは中央デビューから地方へ移籍し
通算116戦1勝とタフな馬でしたが登録抹消。パラシオプリンセサは中央デビューから佐賀競馬へ移籍し、通算35戦2勝で元気続行中という状況からストリートパレード2016は…というのもありますが、新馬勝ちで片鱗を魅せたコウソクコーナーの父がサクラバクシンオーだった事を考えれば、今回グランプリボス産駒で父がサクラバクシンオーというイワネコゴシキはやはり気になります。

現時点で調教の状況等がまだわからないのですが、競走馬登録されてるという事でデビューが待ち遠しい私。またグランプリボス産駒で応援したくなりますし、先ずは無事にデビューできることを願いたいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする