白井調教師も含め8調教師が2月28日付で定年

どうも、あっぷるです。

2月28日付で、白井寿昭師、梅内忍師、梅田康雄、小野幸治、境直行師、
畠山重則、鈴木康弘、大久保洋吉師の8調教師が定年となりますね。

個人的に一番印象にある調教師は白井師かな。

世間ではスペシャルウィークの方に注目が集まると思ってますが、
私はアグネスデジタルの印象が断然強いですね。

結果的には芝ダートの両方をこなすオールラウンダーとなりましたが、
マイルチャンピオンを連覇し天皇賞秋で圧巻の勝利の勢いで香港カップも勝利。
ここで芝路線で行くかと思いきや、
ダートのフェブラリーステークス出走でここも勝利。その後は芝の安田記念を制し、
最後は2500メートルの有馬記念にまで出走するという
G1で結果を残した異種な馬だったなぁ…と言う印象です。

管理していた白井師はレース選びに困った!?だろうなと
個人的にアグネスデジタルが引退する時に思いました^^;

来週月曜日のギャロップで「さらば名トレーナー」という
特集を組まれるそうですね。寂しい気もします時は流れてますからね。
良い記憶に残る馬がたくさん出て来る事を願いたいです。

もう少し期間はありますが、皆様長い間お疲れ様した。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする