【ワールドベストジョッキー】1位は凱旋門賞馬エネイブルの主戦で対象G1レースを8勝した、L・デットーリジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2018年のロンジンワールドベストジョッキーが発表されましたね。
2016年はムーアJで昨年はシュヴァルグランをジャパンカップ馬と導いたボウマンJでしたが今年は!?対象期間は2017年12月~2018年11月までで世界でレーティング競走100レースを対象にポイント(3着内)を加算されて順位が決まります。

その上位10傑の順位ですが、

1位: L.デットーリ 8勝
2位:O.マーフィー 7勝
3位: R.ムーア 6勝
4位:W.ビュイック 6勝
5位:H.ボウマン 7勝
6位:J.ドイル 3勝
7位:J.カステリャーノ 2勝
8位:J.ロザリオ 3勝
9位:Z.パートン 4勝
10位:C.ルメール 3勝
※勝数は対象G1の勝利数

という事で得凱旋門、そしてBCターフなどを制したエネイブルの主戦で世界トップジョッキーとなるランフランコ・デットーリジョッキーが1位に輝きました。しかも対象G1を8勝とさすが。個人的にも昔からデットーリJは好きでしたんで未だに健在って感じですね!

また、10位の中にはJRAから対象レースを3勝したクリストフ・ルメールジョッキーが入ってますが、あのルメールJでさえ10位とか世界の壁は厚いですね。。。
日本の対象G1レースは、天皇賞・春、ジャパンカップ、有馬記念、天皇賞・秋、大阪杯、
宝塚記念、ダービー、皐月賞、安田記念、マイルチャンピオンシップ、チャンピオンズカップ、東京大賞典という順でTOP100選にレーティング順で並んでる感じかな?
※間違ってたらすいません><

また、日本人ジョッキーとしてはトップは個人的に疑問を感じる戸崎ジョッキーが24位に入っており、29位に福永J、33位に田辺Jが、そして37位に川田Jと個人的には川田Jが日本人ジョッキーでは一番活躍してるイメージを持ってるのですが、ポイント式なのでどうにもなりませんね^^;

まぁ、この順位が全てではありませんが現秋競馬はトップ10からビュイックJに
ムーアJ、そしてルメールJ、そして騎乗停止がなければボウマンJといればG1は勝たれてしまいますよね…日本人ジョッキーは来日中の3人やその他外個人Jでトップジョッキーを目の当たりにし、技術などをどんどん盗んで世界に近づけるように頑張ってほしいですね!

最後に余談ですが個人的に外国人Jで気になるのは当時かなり応援し、
2014年が最後の来日となった、ケント・デザーモジョッキーは93位でした。
2001年のオークスで5番人気ながらレディパステルでの勝利はさすが!と思いましたし、
2005年にはオークスでディアデラノビア、宝塚記念でゼンノロブロイ、ジャパンカップダートでスターキングマン、ジャパンカップでゼンノロブロイ、そして朝日杯フューチュリティステークスで懐かしいジャリスコライトと、このG1全て3着という勝ち切れなかったが堅実に馬券圏内を確保してましたし馬券でもお世話になりました。懐かしいなぁ…^^;

ジャパンカップが終わり、秋競馬も残り1カ月となります。
どんなドラマが起きるか今後の日本競馬も楽しみな私です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする