【ジャパンカップ(G1)】2016年に日本ダービーを制したマカヒキが巻き返しとなるか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は祭典となるジャパンカップ(G1)が東京競馬場で行われますが、
今回はジャパンカップで最後素晴らしい脚を魅せた、
2016年の日本ダービー馬マカヒキを検証したいと思います。

馬名:マカヒキ(4歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ

凱旋門賞の前哨戦となるニエル賞を勝って以降勝ち星から遠ざかってるマカヒキ。
G2の京都記念で0.2秒差、毎日王冠では0.3秒差と後一歩が足りず。
また新設G1でルメールJを背に挑んだ大阪杯は、
キタサンブラック相手に上り3位で0.4秒差の4着と惜しかった。

また、前走ですが不良馬場ながら日本ダービー馬が9番人気と低評価でしたが、
結果はナンバー2の上りで5着と直線の見せ場は目立ちました。
先日ディーマジェスティが引退、リオンディーズも引退、
サトノダイヤモンドはジャパンカップに有馬記念共に出走なしとなり、
世代的に期待の1頭ですね!!

ただ、昨年絶不調だった金子氏だが今年は全く違う。
2歳戦は既にクラシック候補と名乗りを挙げてるワグネリアンに、
新馬勝ちで休養中でのジナンボーやフォックスクリークがいる。
そろそろ古馬も巻き返してきてもおかしくない流れ。

個人的にマカヒキは未だに私はマイル前後がベストと思えてならない。。。
前走を見ればこなせる可能性もあるが、
やはりG1の舞台となると距離適性も必要となってくるはず。
鞍上も川田Jの方が手が合いそうだが継続で内田J。
絶好調和田Jが騎乗しても面白いのですが決まってるものはどうしようもない。
内田Jは今やリーディングジョッキーに名を連ねない成績ですが、
テクニックはあるだけに位置取りや仕掛けどころでは鞍上に託すしかない。

さて、2016年の日本ダービー馬の意地を魅せてもらいたいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする