【皐月賞2018】ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムで決まる!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

牝馬クラシック第一弾の桜花賞が終わり、
今週は牡馬クラシック第一弾となる皐月賞です。
まさかの大本命ダノンプレミアムが回避となり正に大混戦!?のはず。
そんな中、上位人気4頭になりそうな馬達を検証したいと思います。

先ずは、

馬名:ワグネリアン(3歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
鞍上:福永ジョッキー

デビュー3連勝で東スポⅡ際Sを制し皐月賞TRの弥生賞で、
あのダノンプレミアムに0.2秒差の2着まで踏ん張った同馬。
現時点ではこの馬が1番人気になりそうな気がしてる私。
不安材料と言えば…前走でも上りはダノンプレミアム上回る最速の上りで、
ほぼ少ないとみるが強いていうなら鞍上福永Jでしょうか。
2016年にヴィブロスに騎乗し秋華賞で勝った以来かな?
2着や3着はあるものの勝利までは届いてないのはやや不安かな。
勝ち切るというよりは馬券圏内と思って最終予想前の候補に入れる1頭です^^;

続くは、

馬名:ステルヴィオ(3歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:木村(哲)師
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
鞍上予定:ルメールジョッキー

デビューから常に2着以下はなく安定の成績。
2走前の朝支配FSでもダノンプレミアムには0.6秒差をつけられるも
2着を確保し、前走皐月賞TRのスプリングSではハナ差も
最速の上りで差し切り勝ちと叩かれた上積みも十分。
また、血統的勢いも加味すれば桜花賞で勝ったアーモンドアイは
ロードカナロア産駒と同馬もその1頭。
鞍上も非常に心強いルメールJとこちらも一緒で信頼度は高そう。
現時点で最終予想前の候補に入れる1頭ですね^^;

そして、

馬名:キタノコマンドール(3歳・牡馬)
馬主:DMMドリームクラブ
管理:池江師
父:ディープインパクト
母:ベネシアンドールック
母父:キングカメハメハ
鞍上予定:デムーロJジョッキー

最大の惑星はこの馬でしょうか。
桜花賞もラッキーライラックが圧倒的人気ながら、
未対戦で未知の魅力のアーモンドアイにしてやられました。
ダノンプレミアムと闘って敗けてきた馬達が多い中、
同馬は別論戦でかつ前走のすみれSが好内容。
そして俄然驚異となるデムーロJを確保した陣営。
同馬も現時点では最終予想前の候補の1頭ですね^^;

最後に、

馬名:ジャンダルム(3歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:池江師
父:キトゥンズジョイ
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

私の評価は前々走G1ホープフルSでは距離不安で予想から外しましたが2着。
前走弥生賞では予想に入れ3着となりましたが、
このG1のトップレベルになると距離不安がどうしても不安と感じる。
エアスピネル臭がするし鞍上武(豊)Jも侮れないのは百も承知、
もちろん安定感もあるが勝ち切るのは厳しいと思い、
掲示板内という扱いになるかな。
となると最終予想前の候補から外す方向で考えてる1頭です^^;

そんなこんなで今回も勝手ながら4頭ピックアップしましたが、
人気馬の中で本命馬(×)をどれにするかは迷っております。
波乱を期待しながら引き続き予想をしたいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする