【ジャパンカップ(G1)】豪州牝馬のウィンクス等、19頭が外国馬予備登録へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

JRAが本日、11月26日に行われるジャパンカップ(G1)ですが、
外国馬の予備登録を発表しましたね。

アイルランド
・クリフスオブモハー、ハイランドリール、アイダホ、マックスダイナマイト、
リヴェンライト、セブンスヘブン、トーマスホブソン、レッドカーディナル

アメリカ
・ビーチパトロール、ブラーズアリー、イラプト

オーストラリア
・アドマイヤデウス、ビッグデューク、ウィンクス

ニュージーランド
・ボナヴァル、ジョンスノー

の計19頭ですね。
はい、毎年恒例!?ですが結局登録までは多いものの、
出走までこぎつけるのは紙一重の状況と思いますが、
悲観的な話をしても仕方ないので、前向きに考えると注目はやはり…
豪州最強牝馬とも呼ばれる、

馬名:ウィンクス
管理:ウォーラー師
父:ストリートクライ
母:Vegas Showgirl
母父:Al Akbar(アルアクバル)

ですね。前走で目下21連勝でG1・14勝目でしたっけ!?
その前走がターンブルS(G1)で持ったままの勝利でと圧巻の強さを魅せてますが、
ウィンクスが未だに海外進出をしてないので、
初海外進出が日本というのは話題的に最高ですが…難しいだろうなぁ^^;

また、凱旋門賞を回避した、

馬名:ハイランドリール
管理:オブライエン師
父:ガリレオ
母:Hveger
母父:デインヒル

ですが、今年はG1を2勝してますし力の衰えはなさそうですが、
香港へ向かう可能性が高そうなイメージ^^;

そして面白い事に今年の夏に豪州へ移籍した、

馬名:アドマイヤデウス
管理:ウィアー師
父:アドマイヤドン
母:ロイヤルカード
母父:サンデーサイレンス

も登録されてますが夏に移籍したばかりで日本へ来日させる可能性もありそうでしたが、
脚部の故障で年内絶望という噂も出てます…
また、無事なら良いのですが結構重度の様で大丈夫なのだろうか?><

今年もジャパンカップで迎え撃つ日本勢は強力なだけに、
ウィンクスやエネイブル等のレベルがくると更に盛り上がるのですが、
JRAさんにジャパンカップに大物外国馬が出走する仕組みを作って欲しいですね!

出走確定馬を楽しみにしてます。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする