サトノダイヤモンドが有馬記念をラストランに種牡馬入りへ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

2016年にクラシック3冠の最終戦となる菊花賞と同年の有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドですが、次走の有馬記念がラストランとなり、その後は種牡馬入りも決まった様ですね。

馬名:サトノダイヤモンド(5歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:池江師
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:オーペン
G1勝利:菊花賞、有馬記念(2016年)

あれだけ強い競馬をしてたサトノダイヤモンドがおかしくなったのは凱旋門賞の挑戦でしょうね。それまでは、デビュー3連勝できさらぎ賞を制した時には皐月賞馬は確定と思ったのですが、本番で1番人気に支持されるも直線外からきたディーマジェスティに差され、最後方にいたマカヒキにも差され3着と悔しい結果になりました。

そして迎えた日本ダービーでは落鉄もあり不運だったがマカヒキにハナ差の着差なしで2着と
更に悔しい思いを…そして秋になりクラシック3冠最終戦の菊花賞では1番人気に支持され2着のレインボーラインに2馬身1/2差をつける圧勝でクラシック1冠を獲り、その勢いで同年の有馬記念ではキタサンブラックやシュヴァルグラン、ゴールドアクター等を前目の競馬から押し切る形でG1・2勝馬となり3歳時は最強かとも思いました。

年が明け、阪神大賞典で勝利し天皇賞・春(G1)では3着も堅実さな走りを魅せたが…その後、凱旋門賞制覇へ向けフォワ賞で4着、本番凱旋門賞で2番人気に支持されるも15着の大敗。
苦手な重馬場も影響したかもだが、これ以降の成績が全く伴わなくなりました…結果的に2走前の京都大賞典で7戦振りに勝利したものの前走ジャパンカップでは3番人気も6着と魅せばなし。次走がラストランとなる有馬記念ですが、最強世代とまで言われた世代ですがマカヒキ、ディーマジェスティ共に成績が振るわない状況ですがラストランでどんな結果を出すか楽しみではありますが勝ち切る余力があるかな?…

今後は種牡馬入りとの事だがシンジケート(60口)も組まれる予定ですが何しろ日本競馬界には多いディープインパクト産駒だけに…どうでしょうね^^;

むしろ気になるのはこちらも近日登録抹消し種牡馬入りシンジケートが組まれる予定の、

馬名:サトノクラウン(6歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:堀師
父:マルジュ
母:ジョコンダⅡ
母父:ロッシーニ
G1勝利:香港ヴァーズ(2016年)、宝塚記念(2017年)

と、こちらの血統の方がかなり魅力的で配合的にも苦労はないだろうし、
国内外問わず走れそうで個人的にはサトノダイヤモンドより種牡馬として非常に楽しみかな。
しかし、強敵ドゥラメンテがいた世代で相手が悪かったのもあるが、
あのハイランドリールを香港ヴァーズで負かした時は衝撃的だったなぁ~

という事で、サトノ2騎が引退・種牡馬入りへ向かいますが怪我無く無事に種牡馬入りして欲しいですね。そしてどんな子が出てくるか今後も楽しみです^^

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする