【POG】ダノンシャンティ産駒で母カレンチャンの2017となるカレンヒメの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回からのPOGは今年デビュー予定となる2017産を紹介していければと思っています。紹介には試行錯誤しながら形を変えていったりとさせて頂きますがご了承下さいませ。

先ずは、個人的にかなり好きだったダノンシャンティの産駒となりますが母がカレンチャンの2017となる、カレンヒメを紹介したいと思います。

馬名:カレンヒメ(2歳・牝馬)
馬主:鈴木隆司氏
管理予定:安田(翔)師
父:ダノンシャンティ
母:カレンチャン
母父:クロフネ

父は、NHKマイルC馬となったダノンシャンティですね。忘れもしないNHKマイルC(G1)では18頭立ての16番手から強烈な末脚で豪快に差し切り勝ち。続く個人的に凄く楽しみにしていた日本ダービーではまさかの“取り消し”となりましたが、インパクト抜群の馬でした。引退後は種牡馬となり代表産駒といえば、怪我から長期休養となり、ようやく先月復活を成し遂げ重賞4勝目を飾ったスマートオーディンでしょうね。父の地を引き継いだか、勝つ時は強烈な末脚で差し切ると言った感じでまだまだ今後の活躍が見込めますね。

母は、スプリンターズSと高松宮記念でG1を2勝したカレンチャンで、阪神牝馬Sや函館スプリントS、キーンランドCと重賞3勝も加えスプリント界で大きな活躍をしましたね。産駒は今年2月にデビューしたロードカナロアとの仔となるカレンモエが2着に2馬身差をつけ新馬勝ち。現在は成長を促すべく放牧に出てるようですが、血統的配合から非常にこの先が楽しみではります。

そして、2017のダノンシャンティを配合されたカレンヒメが3番仔として現在はデビューへの調整中ですね。距離はいかにも1200~1600m!?と。イメージが強くなりますが、 ロードカナロアとのカレンモエも夢の配合でしたが、個人的にこの配合は希望の配合でしてかなり魅力的です^^;

ただ、気になるのはやはりデビュー時期ですね。初仔のカレンスイは年明け1月、カレンモエも年明け2月とデビューが遅くなりがち。となるとクラシックやNHKマイルCを意識するとちょっとローテや賞金的にも厳しくなりがち。父がダノンシャンティに替わり少しでも早くデビューできることを願いたいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする