【大阪杯2019】ブラストワンピースは7番、キセキは6番、ワグネリアンは2番に枠順決定

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末に阪神競馬場で開催されるG1の大阪杯ですが、頭数は14頭で枠順が決まりましたのでご紹介したいと思います。

≪ 阪神競馬場 大阪杯(G1) 芝2000メートル ≫

1、マカヒキ:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 岩田J
2、ワグネリアン:父ディープインパクト×母父キングカメハメハ 福永J
3、アルアイン:父ディープインパクト×母父エッセンスオブドバイ 北村(友)J
4、エポカドーロ:父オルフェーヴル×母父フォーティナイナー 戸崎J
5、ムイトオブリガード:父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンス 横山(典)J
6、キセキ:父ルーラーシップ×母父ディープインパクト 川田J
7、ブラストワンピース:父ハービンジャー×母父キングカメハメハ 池添J
8、サングレーザー:父ディープインパクト×母父デピュティミニスター ミナクJ
9、エアウィンザー:父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス 浜中J
10、ステイフーリッシュ:父ステイゴールド×母父キングカメハメハ 藤岡(康)J
11、ペルシアンナイト:父ハービンジャー×母父サンデーサイレンス デムーロJ
12、ステルヴィオ:父ロードカナロア×母父ファルブラヴ 丸山J
13、スティッフェリオ:父ステイゴールド×母父ムトト 田辺J
14、ダンビュライト:父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンス 松若J

となりました。

主導権を握るであろうキセキは真ん中より内の6番枠で川田Jと共に好スタートから逃げたいところですね。ブラストワンピースはその隣で真ん中の7番枠と周りを見ながらのスタートが切れ池添Jも好位置が取りやすいでしょう。ワグネリアンが内の2番枠とマカヒキの1番と共にあまり結果が出てない枠だけに、福永Jがどんな競馬をしてくるか気になります。また、前に行きたいアルアインが3番枠とここは競馬がしやすいはずで、北村(友)Jは先週で4着と結果を出せなかっただけにここで!の思いも強いでしょうね。そしてこの舞台が得意なエアウィンザーが真ん中よりやや外の9番枠と、浜中Jに乗り替わり楽しみですね。

個人的に気になってますし、陣営も枠を気にしてたステルヴィオですが、内枠を希望も真逆の外枠13番となり、丸山Jもここはどういう競馬をしてくるか興味がある私です。

さて、今年の大阪杯(G1)はどんな結果となるか本当に楽しみですね!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする