2019年 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったグルーヴィットは飛びましたが…^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑥ヒーズインラブ 9着(12番人気)
同舞台で初重賞勝ちしたダービー卿CT以降勝ちに見放されており近走は二桁着順。ただ、京成杯AHで9着、ダービー卿CTで8着も共に勝ち馬とは5秒差とさすが重賞勝ちしたコース。前走で不発のブリンカーを外し、3勝した中山コースで一発を期待してみる。

○ ⑤ストーミーシー 6着(8番人気)
ラストの脚がほぼ確実で堅実な脚を使う同馬だが前走Lながらで12戦振りの美酒となった。距離が1F延びるが昨年も同コースで最速の上がりから3着の実積があり問題なし。勝った勢いと自身のスタイルで後方からズドンまで期待してみる。

▲ ⑦ロードクエスト 8着(6番人気)
やはり不調としか思えないデムーロJだが前走からもやはり馬には興味津々。その関屋記念は着順は6着も上がり31.9秒!?と強烈な末脚で最後方から飛んできた。舞台は中山【1124】に替わり2016年のこのレースの覇者だけに期待する。

△ ①プロディガルサン 5着(3番人気)
OP、L、Lで3戦連続2着から挑んだ前走エプソムCだったが結果は6着も勝ち馬から0.6秒差。気になるのは当時の勝ち馬レイエンダが次走大敗したものの2、3着馬が重賞で5、3着と好走。恵まれたと思える55キロの斤量と先週絶好調だった三浦(皇)Jの手腕にも期待する。

× ④クリノガウディー 7着(2番人気)
朝日杯FSで2着の実積がありながら皐月賞で16着、HKマイルCで14着の苦渋の結果。初の古馬相手はマイルの中京記念も2着とマイルが合うのは間違いない。前走から2キロ増ではあるが中山のマイルは合いそうで連続好走を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着はさすが横山(典)Jでまんまと逃げ切った4番人気のトロワゼトワル、
2着は直線脚を伸ばし最後は根性で競り勝った5番人気のディメンシオン、
3着は直線内でややヨレたものの粘った10番人気のジャンダルムでした。

我が本命の◎ヒーズインラブですが結果9着となりました。スタートは、うーやや出負けから追っつけてついていこうとするも結果後方からの競馬。道中は後方4番手の外で脚をためる形になったのは誤算。折り合いはついてましたし、大丈夫と思いましたが直線では外へ外へとロスが多く、得意のコースでこれでは今後はかなり厳しいという感じですね。

馬券的にはセントウルSの◎的中とは真逆で完敗です。勝ち馬トロワゼトワルは横山(典)Jの引き離した単騎逃げは想像してなかったが、終わってみれば逃げ切りでしたが52キロで出していった時点でヤバい…と思いましたよ。そしてディメンシオンにジャンダルム…このメンバーでこの組み合わせですか…更にはちょっと気になってたが無理と切ったカルヴァリオが4着にきてましたし、結果論から考えても当てられる気はしませんでしたwww。これはもう、はい次って感じで申し訳ありません^^;

来週は菊花賞TRのセントライト記念と秋華賞TRのローズSです。いい加減10万馬券の的中が欲しいところですが、2週連続的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました